過日「スパムコメント:学」でも書いたが、コメントする・されるという事も中々大義である。いっそ、チャットの方が後腐れが無いとも言えよう。コメント風情が某元・大臣のように「誤解を招き兼ねない」事態や、炎上に至るかもしれない。

コメントを書いてくれるのは良いのだが、それに返信が点くかもしれないという事を考えていない人を見受ける。
放火犯は自分が火を点けた場所に必ず戻ると聞く。コメントと放火は違うが、自分が撒いた種は見届けて欲しい。

このブログは、古いOSやブラウザを利用しての閲覧を拒絶している。拒絶の仕掛けで、アクセス管理を設置しているので訪問者を特定することがてきる。したがって、コメントした人が再訪し自分のコメントした記事を見たか否か(?)といった事も知ることができる。だから、自分のコメント記事を覗かない垂れ流しの人がいる事が判る。
喧嘩を売った言葉に対して、相手がどのような反応を示しているのか(?)を知りたくはないのだろうか

 以前「ブログ運用上の御知らせ」で返信コメントを差し上げない場合もある事を告知したが、『コメントしただけの垂れ流し放言癖のある人』に対しては、なおさらコメント返しをする気にはならない。
無い知恵を絞って真剣に返信コメントを書いたところで、元コメントした人が読まないのでは拍子抜けしてしまう。

他人の城ともいうべきブログに乗り込んでコメントするなら、コメント返しの内容を読んで欲しい。
再訪してコメント返しを読む気持ちが無いのなら、コメントしないで欲しい。あれではヘイトスピーチと同じだろう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 また最新、コメントの有無を確認できる状態にしていないブログを見かける。 そのブログの管理人は把握できるのだろうが、閲覧者としては自分がコメントした記事を探すのに手間取る。また、管理人以外でもコメントを読みたいという人も少なくは無いはずだ。最新コメントを確認できるように工夫して欲しい。
 更に言えば、お友達のブログ等はリンク集として、自ブログに公表して欲しいものだ。「友達の輪」では無いけれど、そのリンクブックを辿って友達を増やしていくのも楽しみだと思うのだが。自分のパソコンにブックマークすれば、自分にとっての役目は達するのだろうが....

関連過去記事:スパムコメント:学 / レンタルブログ選びは? / ブログ書く人花なら? / 悪意のコメント書き込み:学 / 話し相手を求める女性像 / トラックバックを歓迎 / コメント拒否のブログ達