【神戸5人殺傷】毎日放送が別人の写真を「容疑者」として放送 本人指摘で判明、謝罪し訂正 - 産経WEST
裁判所で裁かれて判決が定まり、有罪となって刑務所で贖罪する以前に、最近では容疑者になったり逮捕されたりすればマスコミが挙って過去を洗い出し、周辺住民の意見を聞き周り、してやったりと言わんばかりに顔写真を取り上げる。 あれでは、裁判を受けずとも、世の中的には犯罪者扱いで刑を受けていることと同じであろう。 一方、
保育園で「この、ハゲーーー!」流行 悪いのはテレビなのか│NEWSポストセブン
その後、テレビでも何度も引用された「この、ハゲーーー!」という叫び声は、いまや全国各地で知られるようになった。あまりに印象が強いこの叫び声は、大人だけでなく子供にも大きな影響をおよぼしている。
とのことだ。大人が聞いてもギョッとするような異様な叫び声は、幼児にとってはどのように聞こえるのだろう。
そして、その叫び声を真似る幼児がいるということを真摯に受け止め、あのような音声(雑音)の執拗な放送は避けなければならない。 世の中に諸々の出来事(悪事)は有り、知ることは必要であるが、必要以上に報ずることは無い。

現在のマスコミが好んで扱う猟奇的な事件を、微に入り細に入り報道する事は赤の他人である一般視聴者にとってはどうでもよいことだ。身内にしても、他人には知られたくないことであろう。
某事件が発生し、容疑者が逮捕された...という程度の報道で十分だ。併せて、再発防止措置を聞きたい。
マスコミの聞き込みに対して地域住民等は挙って「良い人」と答えるが、あの場面でマスコミの質問に対して悪人と言われる人(被害者・加害者)は、極めつけの悪い奴だろう。あの応えの見えている質問に意義があるのか。
最近のマスコミ(マスメディア)の報道姿勢は、正に不謹慎狩りの総元締めという存在になった。
共謀罪が適用されるような事件が発生したならば、これまでは共謀罪を嫌っていたマスコミは挙って容疑者を悪人扱いして追いかけ回すのだろうか。

関連過去記事:マスコミは風評被害の元 / マスコミの報道に疑念 / 悪人の顔写真は公表しろ / 自爆死した爺に思う / ニュースの捕らえ方 / 正義漢気取りの事件記者 / 誤認逮捕の可能性は? / いらないNHKの地方放送 / 落ちぶれ果てた報道内容 / どうなった北海道警察 / 自分に恥じない一生を