足の裏が突っ張るような感じの事があった。 ネット検索してみると、「NHK ガッテン!」で取り上げた事に類似。
足裏チェック!疲れと痛みの真犯人はカカトだ - (2015年9月30日)NHK ガッテン!

「足底筋膜炎」という病名がついている。
WikiPedia:足底筋膜炎より抜粋引用
足底筋膜炎(そくていきんまくえん)または足底腱膜炎(そくていけんまくえん)とは、足の指の付け根からかかとまで、足の裏に膜のように張っている腱組織・足底筋膜(足底腱膜とも。以降、足底筋膜に表記統一する)に炎症が起き、小さな断裂を起こして痛みをもたらす病気。
とのことで、加齢(40歳代以降)とともに起こってくるとのことだ。なお、
40歳以前の人、かかとの骨より前の部分が痛む人、朝より夕方に痛む人、歩くほど痛みの強くなる人は、別の病気の可能性がある。
とのこと。※関連過去記事:脊柱管狭窄症:学 / 薬の飲み合わせ:学 / 足を見て肝臓病を知る / 骨祖鬆症になった事 / 女を磨く足底筋膜炎痛む場所

土井治療院 YouTubeより
横浜で鍼灸といえばオリンピック入賞選手や世界選手権金メダリストも通う土井治療院へ|都筑区


足底筋膜炎ではない足の裏の痛み