NHKスペシャルで、「AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン」の放送が始まった。
NHKドキュメンタリー - NHKスペシャル「AIに聞いてみたどうすんのよ!?ニッポン」
7回に渡って番組がの放送とのことで、第1回(2017/07/22)は「人間がどうにもできない社会問題。解決の一手をAIに聞いてみた。」のタイトル。「ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす」とのテーマがあった為か(?)、共に40歳代独身者のマツコ・デラックス有働由美子がメインキャスターを務めていた。
あぁ勘違い!「男心なんてカンタン」と思っている40代独女のイタい駆け引き5つ|OTONA SALONE

何故か日本政府はAI(人工知能)に御執心のようで、折に触れてはAIの話題が多いようだ。
人間vs人工知能については色々と議論があるが、俺的には「人間という生き物は、コンピュータという生き物を作るために、神様と称する者が臨時に発生させた物。滅亡する事は不思議では無い」という理解だ。
関連過去記事:天気予報は人工知能で / 医療行為はワトソンで / 人工知能vsロボット / 自動車と高齢者の未来 / ○○年問題:考 / 頭脳は考える物か? / 優しい?ネアンデルタール人 / 造物主(ライフメーカー) / ロボットについて

 それにしても、マツコ氏と有働氏はプライベートでも仲が良いとは意外であった
マツコ 初MC務めたNHKで「金がある。民放とマイクが違う」│NEWSポストセブン
マツコ・デラックス、NHKの番組にチクリ「民放風に作ろうとしてる」 | マイナビニュース
関連過去記事:最近の医者を思うに / 動くか?、巨人IBM / アクセルvsブレーキ / 脳と本能、そして生きる事 / モロー博士の島:学

 AIとともに、ビッグデータを使うためのコンピュータ技術の開発も日本政府のお好みらしい。
NHKが得意なアンケートをビッグデータとしてAIに処理させれば、チンプンカンプンな政治が鮮明になるだろう。

CMでは小綺麗なおばさんが、ザワザワとした人混みの中で「ひと休み、ひと休み」とかで場違いに癒やされているが、あんな場所で一時の憩いを求めるという感覚が理解できない。場所をわきまえろ...と思うのだが。