予て、2020東京オリンピックの歌は無いものかと思っていたが、やっとお披露目された。
なんと、その名は「新・東京五輪音頭」と、判りやすいような、知恵の無いような....

時期的に盆踊りが始まる前とは言うものの、音頭とは....如何なものなのだろうか。
1964年に開催された第1回であれば“音頭”とはよくぞ名付けたと称賛する気にもなるが、なんで今時というレトロ感。
過日逝去した平尾昌晃さんとかであれば音頭とは言わなくともそれらしい曲が作れるのだろうが、最近の作曲家では無理なのかもしれない。 歌い手もいないのだろうか。 リオデジャネイロオリンピックではNHK「リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック放送」テーマソングとしては安室奈美恵の「Hero」であった。

まあ、オリンピックの応援歌が“音頭”であろうと、何であろうと、どうでも良かろう。当然“音頭”だろうと何だろうと無関心ということだ。 過去記事:第2回、東京オリンピンク

東京五輪音頭- 2020- (WikiPedia:東京五輪音頭)
歌い手は、石川さゆりさん(59歳)、加山雄三さん(80歳)、竹原ピストルさん(41歳)とのこと。

Tokyo 2020 YouTubeより

東京五輪:34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら - 毎日新聞