以前より各WebブラウザでAdobe Flash Playerを利用しない方向性がアナウンスされてきた。
俺的には「PCアップデート記録」で管理するとともに、既定ブラウザとしているFirefox以外はAdobe Flash Playerを利用しないように設定し、Firefoxでも余程重要なサイト以外は利用しない設定をしている。なお、『JAVA』は削除済み。

先の07/25米Adobe Systemsから発表があり、「2020年末を以てFlash Playerのサポートを終了」とのことだ。
以前は、「QuickTime for Windows」の利用を云々する記事があったが、今後のPlayerの行方が見えなくなった。
Adobe Flash Playerがセキュリティ攻撃の標的に成っているからといって、それがAdobe Systemsが努力していないということにはならない。しかし、身勝手なユーザーとしては頻繁にセキュリティ破りが報じられると利用する事を思案してしまうということだ。とは言うものの、Windows OSと共存しているかの如きソフトが終焉する事には時代の変化点を知る思いである。なお、Microsoftは、2020年までにWindowsでのFlashのサポートを廃止することを決定している。

発表されたサポート終了は3年程先の事とはいうものの、Flash Playerが使えなくなる事への対応を迫られる者にとっては目前のことだろう。『Flash Playerを用いたコンテンツは、Webのオープンフォーマットへ(HTML5WebGLWebAssembly等)と移行』しなければならない也。しかし、Flash Playerを用いている主なWebビジネスはゲームやビデオの動画提供サイトであり、俺的には差し迫った不都合は無い。むしろWebビジネス業界よりは、【e-Tax】国税電子申告・納税システム等の行政が開設するWebサイトの修正の方が追いつかないだろう。当地の行政サイトはSSL化が完了しているが、今度はFlash Player向け作業かな?。日本のコンピュータ・セキュリティは軟弱だからね~
自前でホームページを開設している人達は画像を扱う為にAdobe Flash Playerを用いており、閲覧者にもインストールすることを求める事が当然であるかの如く横行してきたが、2020年を見据えてサイトの作り変えをしなければなるまい。※HTML5/CSS3に対応したホームページ作成ツールを探さねば。※ホームページV4。 Google Web Designer / BlueGriffon。 XOOPS等のモジュールや、プログパーツでもFlash Playerを使うもが有るが...
俺がブックマークしているレンタルブログをチェックしてみたら、HTML5となっているのは「Blogger.」と「Hatena Blog」・「Ameba」であり、著名な会社では提供テーマの数は多いがHTMLのパージョンは古いorXHTMを使用。
livedoorブログでもHTML5のテーマは存在しているから、今後変更する場合は要検討である。
奇しくも東京オリンピックが行われる2020年末でAdobe Flash Playerのサポートが終わり、提供もされなくなるとは言うものの、それ以前にインストールした物はユーザーがアンインストールしない限りはパソコンに有り、セキュリティホールに成り得るということだ。過日行われたWindows 10への無償アップグレード騒動ですら終焉しないというのに、Flash Playerのアンインストール作戦なんかは行われるのだろうか。
ちなみに、Windows 7の延長サポート期間は日2020/01/14日迄だから、その辺でPCの買い替えをしてもFlash Playerは付録されるという鬱陶しさ也。(Windows 8.1の延長サポート期間はは2023/01/11)
本記事を書いている最中にも主力Webブラウザの今後の方針が告知される。既に見捨てられる事が決まったAdobe Flash Playerを未練たらしく利用せず、この際バッサリとアンインストールすることにした。
ついでに、PDFソフトのAdobe Acrobat Reader DCもアンインストールした。向後はPDF-XChange Viewerを使用する。(e-Tax御指名のため戻した)。併せて、Adobe Shockwave Playerもアンインストールした。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
1995年公開のWindows 95からOSに同梱されているペイントソフトの「ペイント」が、2017年秋に予定されているWindows 10のアップデート「Windows 10 Fall Creators Update」では“非推奨”となるそうだ。以降は3Dモデルも扱える「ペイント 3D」が後継。なお、「ペイント」はアプリとしてWindows Storeでリリースするとのことだが、未だ未掲載也。
次期Windows 10で非推奨となる「ペイント」アプリ、“ストア”で無償提供されることに - 窓の杜
「Windows 7」サポート終了 対策ナビ - ITmedia
その他にも、次期大型アップデート「Fall Creators Update(1709)」以降は提供されなくなる物があるようだ。
ついにWindowsから「ペイント」が消滅 ~次期アップデートより一部の標準アプリ/機能が削除に - PC Watch
関連過去記事:04/12は混雑するかも?! / H28確定申告完了 / ホームページを変えた / ブラウザの相性思案 / ネットのセキュリティ / Flashプラグインの使用は / 最新のブラウザ環境を / ブラウザのアップデート / 古いWindowsは来庵拒否

医療機関の機器10万件以上がネットに露出中、そのうち1.83%が日本 -INTERNET Watch
とのこと。これは、Windows XPなのだろうか。
Windows 10:次のアップデートに備えてプライバシー設定を確認する: 世の中は不思議なことだらけ
今時なんの話題か(?)と思ったら、2017/04/11に公表された「Windows 10 Creators Update」が未だ行えていなかったということのようだ。自動的に Creators Update(v1607⇒1703) されるまで待っていると、こんな時期になってしまうのかと思えば、秋に予定されるという 「Fall Creators Update」も手動で行おうと考える。『常に2つのバージョンしかアップデートしない』というマイクロソフトの方針であれば、もたもたしてると遺憾。
【追記:2017/07/28】重要
「Windows 10 Creators Update」が全ての対応デバイスに公開- ZDNet Japan
  • 今後Windows 10とOffice 365 ProPlusに対する機能アップデートは、年に2回、3月と9月にリリースされる。リリース日から18カ月の間、アップデートやセキュリティパッチが提供される。
  • 2015年11月にリリースしたWindows 10 November Update(1511)のアップデートやセキュリティアップデートは、2017年10月10日で停止する。

Windows 10のバーション「1511」へのサポートが10月10日に終了 -INTERNET Watch



昨日(07/26)、Google Chromeがv60.0.3112.78となった。Chromeのバージョン表記に不思議を感じていたが、これにてv59の追っかけは終了とする。 ※関連過去記事:ブラウザのアップデート

2017/08/08頃に予定されているFirefox v55で、大幅にスピードUPするとの事。公開が楽しみ也。

==【追記】==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==

「Flashの終わり」にWindowsはどう対応していくのか - ITmedia PC USER