2017/08/08、Firefox がv55となりました。 また過日、Adobe Flash Playerを使わない事にしました。
無料レンタルブログでも、貸出画面をHTML5化済みのところと、自炊でやるところが有るようです。このlivedoorブログの場合、最新版はHTML5化されていますが、私の愛用はXHTMLでした。
ということで、このブログを自炊でHTML5に書き直した...つもりで、ソフトランディング中です。
一応 3+1ブラウザでチェックしましたが、不具合がありましたら、お知らせいただければ幸いです。
その際は、掲示板に書き込みしてください。
※関連過去記事:ブラウザのアップデート / Flash Playerが消える
【追記:2017/08/17 19:00】不具合を発見し、書き換え。
【追記:2017/08/22 17:00】HTMLの記述だけを「5」に修正したが、“コメント記述者の情報を記憶するボタン”が有効になっていないことに気付いた。パソコン本体やブラウザのcacheに起因する事象かと考えたが、結局はlivedoorブログの「コメント表示のカスタマイズ」で(第6世代テンプレート以降<$CommentForm2$>)と(第5世代テンプレート以前 <$CommentForm$>)という独自タグで設定しなければ成らないことが判った。単純に2つの独自タグだけを書き換えても修正できない為、「HTML5化」は取り止め、元に戻した。
関連記事(HTML5化した記述):CSS / トップページ / 個別記事ページ / カテゴリアーカイブ / 月別アーカイブ / カスタムJS head内 / ブログのHTML5化
【追記:2017/08/23 10:00】本件は、昨日livedoorブログに質問メールしたが、受領した旨の自動返信は無い。その後、「デフォルト2012テンプレートを元にカスタマイズしたサンプル」を参考にして再度HTML5化にチャレンジしてみたが(CommentFormCookie)タグが機能していないように見受ける。いずれにしても判らない。考えた結果「XHTMLよりは、HTML5にしよう」ということで、再々度「HTML5化」した(戻した)。コメントのキャッシュが効かない事で、俺以外に不自由する人も多くはあるまい。
【追記:2017/08/23 11:30】質問していたlivedoorブログより回答有り。
独自タグ「<$MiscJsUrl$>」の記載がないとの教授を受け、個別記事ページに以下を追記したところ本件不具合は解消し、HTML5に書き換えたものにてコメントのキャッシュが有効となった。感謝。
<script type="text/javascript" src="<$MiscJsUrl$>"></script>

また、併せて教授いただいた「推奨タグ」については、すべて記述してあることを確認した。
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
マイクロソフトが「Outlook」をドウチャラコウチャラと言っているようだ。Office 2010から乗り換えたので今更「Outlook」はどうでもよいハズなのだが、タダならば...という助平根性が顔を出す。
オフィスソフト変更を思案

メールソフトとしては「Mozilla Thunderbird」を使っているのだが、どこかイマイチ感が拭えないせいか。