昨夜は雷とアラレ。起床し外を見たら2-3Cm積雪、ingで降っている。予報は「雪⇒雨」で最高8℃、最低2℃と昨年よりも10℃近く寒いということだ。明日は大雪だが、既に昨日から全国的に寒気団が押し寄せているとの報道也。
このまま大晦日になだれ込むとの予報だから、冬至(12/22)の寒さは如何ほどか。昨年の冬至は「19-13℃」也。
当地金沢地方気象台発表の初雪は、2017=11/19。2016=12/10。2015=11/27。2014=12/05。2013=11/28。2012=12/01。昭和38年1月豪雪のような事にならなければ良いのだが。(富山地方気象台の雪の観測値)
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
糖尿病だの高血圧だのと、いったん飲み始めたが最後で死ぬまで飲み続けなければならないような薬が多い...と思い込んでいたが、最近は医師の考え方次第で減らす事ができ、患者の頑張り次第では止めることもできるようだ。

市販の図書でも薬を減らす事に関する物が増え、励みになる。

薬のやめ方、減らし方 (TJ)[本/雑誌] / 宝島社


薬のやめ方減らし方 臼井幸治/著


 政府からもそれらしき公報が出ているが、これは薬代に掛かる経費を減らそうとする厚労省の作戦だろうか。
知っておきたい クスリのリスクと、正しい使い方 | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
によれば、「安全な薬物療法」として以下の記載である(抜粋無断転載)。
 薬物有害事象は急性期病院に入院した高齢患者の6~15%に認められ、70歳以上での出現率は60歳未満の1.5~2倍と報告されている。薬物有害事象が高齢者に多い理由として、加齢に伴う薬剤感受性の増大と服薬数の増加の2点が挙げられている。後者については、加齢とともに併存疾患が増えること、各疾患の治療ガイドラインに沿った治療法で効果不十分な場合に薬剤数が増すことで生じる。
 そのため日本老年医学会は、薬物有害事象の回避と服薬アドヒアランスの改善に向け、「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015年」を作成した。
 日本医師会(日医)によると、同ガイドラインに「特に慎重な投与を要する薬物のリスト」に「代表的な商品名」を追加し、同手引きに掲載したという。