北朝鮮へ圧力強化「国連で緊急会合」 日米首脳が一致:朝日新聞デジタル
>安倍首相は「トランプ大統領からは『米国は同盟国である日本と100%共にある』と、日本防衛に対する力強いコミットメントもあった」と説明。

とのことだが、アメリカ国内の洪水対策で忙しい大統領からそんな発言があったとは考えられない。
安倍草履の捏造発言と推察する。米トランプ大統領が言ったとしても、体の良い大嘘だ。会談で話したのは、せいぜい『アメリカ迄ミサイルが飛ばないように日本が守りますから、安心してください』と言う程度のことだろう。
既に手遅れと言うべき也。 皇室の移転と、第二政権を発足させるべきである。国民は竹槍を持って祈る也。

とは言うものの、北朝鮮がアメリカをミサイルで狙えば嫌でも日本上空を飛ぶ事は当然であり騒いでもしょうがない。
今年の米韓合同演習が終わっても、来年以降も同様の騒ぎがある中で、役立たずの全国瞬時警報システム「Jアラート」に頼っているポーズでは間に合うまい。 過去記事:笑って許そう
いずれにしても怖いのは、北朝鮮のミサイルよりも、アメリカが朝鮮半島に強く介入するこれからだ。
アメリカ本土を攻撃されることで支持率低下を恐れる米大統領が、韓国の代理戦争を再開するかもしれない。