NHKナビゲーションで『石碑は警告する ~南海トラフ大津波 先人たちの記録~』という放送があった。
続いて、歴史秘話ヒストリアでは『江戸 百万人が見た!富士山大噴火』が放送中だ。

東海地震を予知することから撤退』する事が発表されるこの期になって、今更なにを言いたいのだろうか。
三重県沿岸地域に残る津波を記録した石碑や伝承、300以上を調査した結果、過去には、国が想定する高さを上回る津波が発生していたことがわかった。さらに被害を減らすための教訓も数多く記されていた。石碑に残された警告を読み解き、津波への備えについて考える。
とのことだが、既に手遅れと成っている事が知れている今。 明るい話題は無い。 命てんでんこ
明日(09/09)は北朝鮮がICBMを発射するとか(?)、「太陽フレアの影響」で発射できないとか(?)。
関連過去記事:生きる気力を持とう / 伝承したい事は石に彫れ / 「日本沈没」に学ぼう