2017/09/28の解散により第48回衆議院議員総選挙は10/10(火)公示され、10/22(日)が投票日の予定也。

奇しくも10/10は、北朝鮮の朝鮮労働党創建記念日である。祝砲代わりにミサイルを飛ばすのではと心配な日也。
10月10日ミサイル発射Xデーに衆院選公示日ぶつける意図│NEWSポストセブン
北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、国民が不安を募らせるたびに支持率が見る見るアップし、森友・加計疑惑も、自民党議員たちの不祥事も霞んでいくのだから笑いが止まらないのだろう。
日本でも体育の日であるばかりでなく、日本記念日協会によると、同協会の認定した記念日が一年の中で最も多い日とのこと也。天気予報では東京地方の「晴れの特異日」とのことだが、わざわざ重なる日にせずとも良かろう。

国民は、噂の「希望の党」もとい小池百合子vs安倍晋三のいずれを選ぶのだろうかも注目だが、以下の記事では
質問も立法もしてない高給取りの国会議員 どんな活動した?│NEWSポストセブン
日本の国会議員の待遇は世界的にも突出している。年間で歳費約2000万円に加え「文書通信交通滞在費」という非課税手当も月100万円・年1200万円支給されるのだ。
ということで、『今年の通常国会で「議員立法発議回数」・「質問回数」・「質問主意書提出回数」のいずれもゼロだった議員83人のリスト』が掲載されている。
日本のマスコミは、「ハゲー!」と叫ぶ女性議員や不倫騒動議員にばかり目を向けたがるが、このような言わば『給料泥棒』のような議員を再当選させることは如何なものであろうか。心あるならば落選を願う国民が多い事を願う。
稲田朋美氏におじさん県議ら「守ってやらにゃ」と結束ムード│NEWSポストセブン
添付の名簿を拡大して見ると、圧倒的に自民党議員が多い。見知った者では谷垣禎一氏(72)や高村正彦氏(75)は政界を離れる意思を示したが、小沢一郎氏(75)はその気満々で黒子としてだけは働いているということなんだね~

関連過去記事:NO、小池百合子 / 国の指導者の野望 / 沈む船から逃げるネズミ / 隕石衝突は避けられない