【追記:2018/03/05】本記事を未だ閲覧の皆様へ。クリーンインストールし、アップグレードは完了してます。
過日(11/18)のWin10復活作戦にて「コマンドプロンプトから sfc /scannow を行った後処理を行ってみた。

結局は駄目。これで、残す工事方法はクリーンインストールするだけのようだ。しかし、【ぼくんちのTV 別館】によればメーカー製パソコンの場合はクリーンインストールは控えた方が無難とのことだ。

Windows 10 のダウンロード
(Microsoft Office 2010 (KB2553338) 32 ビット版 のセキュリティ更新プログラム)のインストールしたがり現象は消えず、更に(Microsoft Office 2010 (KB4011188) 32 ビット版 の更新プログラム)も繰り返される。
俺的にもクリーンインストールはしたくない。むしろ新品を買い足ししたほうが無難であろう。
いずれにしても、Win10のUpdateは放置(10/18)宣言して以来、待ち遠しいUpdate(10/29)⇒Win10アップデート駄目(11/16)⇒Win10復活作戦(11/18)と、公開されてから未だ1ヶ月しか経っていない。また、巷の状況を眺めてもv1709にアップグレードしているパソコンは少ないと見た。したがって、マイクロソフトから修正版が提供される可能性も捨てたものではあるまい。
現在のパソコンが動かないのであれば兎も角、何ら不都合無く動いているのだから、殊更の文句は無い。
ということで、マイクロソフトのサポートから除外されるまでは、現状にて満足することにした。2年は使える。
しかし、以下のセキュリティアップだけは早期に取り入れたいものだ。
Windows Defender System Guard でシステムのセキュリティを強化し整合性を維持する – 日本のセキュリティチーム
 巡回ブログでは「花咲爺やの気まぐれ通信」が自動アップデートとの事。羨ましい。
皆様のWindows 10は如何なのだろうか??
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Windows 10 Fall Creators Update (RS3) の不具合・トラブル・注意事項 - ぼくんちのTV 別館
【参考】
【類似症状】
関連過去記事:Windows 10の不調記録:続 / Windows 10の不調記録 / cnmnppm.dllに関するエラー
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
「Windows 8」以降のセキュリティ機能に脆弱性 - ZDNet Japan