千葉 市川市長選は再選挙へ 必要な有効投票数に届かず | NHKニュース
「必要な有効投票数に届かず再選挙」という事象が発生するのだな~と、興味深い。
そもそも再選挙とは初耳だったが、国政選挙・地方首長選挙・地方議会議員選挙で過去にもあったようだ。
今回は千葉県の市川市長選だが、過去の地方首長選挙で再選挙が行われた6事例中、千葉県では1979年富津市長選と2事例目になると言うのは面白い。千葉県民の選挙に臨む気概が薄弱なのだろうか。
上記記事より抜粋引用
新人5人による争いとなった千葉県の市川市長選挙は、26日、投票が行われましたが、最も得票の多い候補者でも、当選に必要な有効投票数の4分の1以上の票を獲得できなかったため、再選挙が行われることになりました。
『当選に必要な法定得票数有効投票数の4分の1以上であり、獲得できなければ再選挙になる』という選挙制度を、自由民主党総裁の選出にも用いて欲しいものだが~~~~だめだね