お隣韓国で開催される「2018年平昌オリンピック」は、2018年2月9日に開会式とのことで、年明け早々のイベントである。競技のメイン会場となる平昌郡とは初耳だが、人口6,141人という小さな村との事。ソウルから車で約3時間の距離にあり、ドラマ『冬のソナタ』のロケ地の一つ。
実施競技は通常の冬季オリンピックと大差無いようだが、俺的にはいまいち盛り上がり感が無い。

NHKは自らがタイトルして「NHK杯 国際フィギュアスケート競技大会」を開催していることから、それなりに前宣伝があるようだ。 (※2017 NHK杯 国際フィギュアスケート競技大会)
スピードスケートとスキージャンプはメダルに近そうな女性が見受けられることから、最近になって話題に取り上げられだしたが、他の競技が噂に上る事は無い。カーリングだけは勝とうと負けようと、取り上げられる。
オリンピックの閉会式は2月25日で、その後に平昌パラリンピックが3月9日~3月18日に開催とのこと也。

北朝鮮の参加は、最終結論としては無いということになった。朝鮮半島の揉め事がingの現在、不参加は当然と言うべきだろう。また、日本では壊滅したと報じられるISのテロ攻撃も有り得るだろう。
平昌(ピョンチャン)のオリンピックパーク(開閉会式)は、北朝鮮との国境線から100Km程度のようだ。
選手を始め、選手の家族や関係者は応援に出向くであろうが、スワ戦争行為が始まった場合は避難・脱出ができるのだろうか。などと野暮な心配をするのならば、静かに影ながら応援するほうがよろしいのかも知れない。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
戦争を止める考えの無い国が集まって、平和がどうしたと格好付けているだけの近代オリンピックなんて必要なのかね。また、ロシアの出場しない国際大会で勝ったところで、参加する目的があるのかね。
ロシアの五輪参加禁止「妥当」「全面締め出しを」 - 2018平昌オリンピック(冬季五輪):朝日新聞デジタル
ロシアという国家の選手にドーピングの疑惑があるとIOCが独善的に決めつけるのであれば、ロシアの選手のドーピング検査を厳しくする体制を作れば対処できることだろう。2020東京オリンピックではドーピング検査を行う者をボランティアで募集するとのことだ。ドーヒング検査員を喜んで務めたがる者は平昌オリンピックでも大勢いるだろう。検査体制の強化を図ることなくロシア疑惑を歌い上げるIOCの姿勢には、プーチン露大統領ではないが悪意と作為を感じる。日本選手に「個人として参加しろ」と言ったならどうするだろう。金儲け主義のIOCをぶっ潰せ。
ドーピング検査とは? | NPBアンチ・ドーピングガイド | NPB.jp 日本野球機構
過去記事:野球賭博:考 / IOCのオリンピックは不要 / オリンピック参加の意義