今日は小正月である。左義長はこの日であるが、当地町内ではカレンダーに合わせて日曜の昨日行われた。
子供会の名目で行われるため、朝から元気な声が取りまとめの声が玄関を回っていた。
豪雪も治まった天候となり、良い日取りであったと言うべきだろう。

左義長は地方により色々な呼び方がある。東北の仙台で行われる「どんと祭」は「どんと焼き」に似て聞こえるが違うのであろうか? 俺の中では「どんど焼き」と記憶するが、鹿角市⇒秋田市と転居したので定かではない。
古くは小正月までが松の内だった(この日まで門松を飾った)ものが、江戸時代に徳川幕府の命により1月7日の大正月までとされたが、関東地方以外には広まらなかった。
鏡開きは関東圏では松の内(1月7日)が終わった後の1月11日に行われるが、関西圏では小正月の今日(1月15日)とNHKが報じていたが、土日に合わせるだろうかしらん? 過去記事:鏡開き / 鏡餅を飾る

nanapi [ナナピ] | 生活の知恵があつまる情報サイト 公式チャンネル

親父は、アチコチへの旅のついでに神社を参拝しては御札を求めてきていた。
自宅の神棚にはアチコチの御札が納められていた。御札は昨年のそれを焚いてもらい、新しいそれをもらい受けるのだが、御焚き上げする社寺を知らなかったのだろうか兎に角増える一方であった。
親父が逝った後でそれを知り、生ごみ処分ともいかずに、近所の神社に訳を告げて御焚き上げを依頼した。
左義長になると想い出す。

過去記事:2017/01/15積雪あり / 水爆実験報道に思う / 神様が喧嘩する?
 勝山左義長まつり /今尾の左義長まつり
勝山左義長まつり(福井県勝山市)【第19回優秀賞】

地域づくりTV YouTubeより
大晦日の基礎知識


十二支の基礎知識