古代ギリシア哲学者であるソクラテスは、『生きるために食べるべきで、食べるために生きてはならぬ』と言ったそうだ。類似する内容を述べている先輩は多い。宗教にも語られている。※WikiPedia:人生の意義
しかし、言葉の上っ面を眺めては恰も知っているかのようなつもりになって、通り過ぎている。

「生きるとは何であり、生きるために何をするか」ということは、「自分の存在意義」を探求するかのごときであろう。
死ぬために生きているなどと虚無的になることはないだろうが。
過去記事:生きる姿勢とは? / 平均寿命が伸びたから

地球に衝突する隕石

nhkclYouTubeより(NHKクリエイティブ・ライブラリー)

壇蜜 ネパール 死とエロスの旅 (NHKドキュメンタリー) 過去記事:「壇蜜と仏教」思