前日の記事「携帯電話を持つ意義」のとおり、女将は携帯電話を持ちたがらない。
代わりに何かの場面に備えて、公衆電話で使えるようにテレホンカードを持ち歩いて欲しいと思うのだが、昨今の少なくなった公衆電話では利用する場面は無いと思っているらしく、テレカも持たない。
一応、自分が掛ける場面を想定している時はガラケーを持ち歩いているが、使い慣れてはいない。

ガラケーを肌身離さない俺だが、非常時には携帯電波が制限されるであろう場合に備えて、テレカも財布に忍ばせている。 いずれにしても、テレカが役に立つような事態には成って欲しくないものだ。

かれこれ20年以上経つのだろうか。一般的にガラケーを持つほど裕福では無い人達は、ポケット電話に着信があるとテレカ片手に公衆電話を探すサラリーマンが多かった。当時はテレカが役に立つプレゼントであり、図柄などの希少価値によっては切手と同様に投資の対象となっていた。
周囲にもテレカを収集する者が多かったが、ガラケーの普及と共にいつの間にかテレカは紙屑と化していた。

今ではテレカを収集する者などおらず、変わった図柄を作ろうという趣向も皆無かと思ったら有った。
オリジナルテレホンカード|テレホンカード|図書カードやQUOカード(クオカード)の作成なら株式会社ラカルト
それならば、NTTはもう少し公衆電話を増やして欲しいものだが、法律上の設置数は満たしているらしい。

関連過去記事:「かえるコール」考 / お別れ公衆電話