なぜ30%しか効果がなくてもインフルエンザワクチンは打つべきなのか?E - GIGAZIN
いくつかの報道で、2017年から2018年にかけてアメリカで使用されるインフルエンザワクチンの有効率はわずか10%になると予測されました。それに対して、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は、2018年のインフルエンザワクチンの有効率は32~39%になると予測しています。
とのことだ。 有効率10%が39%であろうとも、完璧という事ではない。それにも関わらず、インフルエンザや肺炎球菌の予防接種が:ギラン・バレー症候群の原因となる事は医学界でも知られてる。
予防接種を受けるリスクとメリット、どちらを取るかは自身の分岐点だ。
俺は肺炎ワクチン接種したが、それが原因なのか(?)は明らかでないが、間質性肺炎になった。
それに大いに凝りてインフルエンザ予防接種による副作用があるとの事で受けていない。しかし、数年後には新インフルエンザワクチンが出現するそうだから、それまで生きてたら受けるか。(WikiPedia:肺炎球菌ワクチン / 医原病)
インフルエンザが大流行 患者数283万人、過去最多:朝日新聞デジタル
政府の厚生労働省は予防接種を奨めるが、インフルエンザにしろ肺炎球菌(肺炎レンサ球菌)にしろ、アメリカに金を払って作っているワクチンである。国民を守りたいのか(?)、売り上げを伸ばしたいのか分かりかねる。
また、医療機関での受診を勧められても、タミフル(オセルタミビル)による副作用で異常行動を起こすのも嫌だ。
1980年代に起こった薬害エイズ事件以来、厚生労働省のやる事には不信感だらけの年金受給者である
そもそも、今期流行しているインフルエンザ用のワクチンは製造が間に合っていないというのに

インフル予防にマスクは「推奨していない」厚生労働省 - 産経ニュース

マスクをすることは「感染拡大を防ぐのに有効だが、自分を守る手段としては推奨していない」

関連過去記事:インフルエンザ大流行期 / インフルエンザ予防接種:考 / ワクチン接種は要注意 / 医薬品副作用被害救済



WikiPedia:キャベンディッシュ(バナナの栽培品種)より抜粋引用
キャベンディッシュのPLUコードは4011と4186であり、有機栽培種には94011が割り当てられている
JANコードとPLUコードの違いとは?:実は”レベル感”が違う言葉です|graffe グラーフ
輸入品の果物の栽培方法はPLUコードでわかる:日本人の3割しか知らないこと【2016/11/10】 - 何ゴト?