Firefox(v58.0.1)を利用中に「Bing Search Engine」という、俺が入れた物ではない検索エンジンが勝手に起動するようになってしまった。そのようになってしまった経緯は以下の通りであるが、この経緯が原因なのか(?)は不明也。
なお、一般的な「Bing」と、本件の「Bing Search Engine」との関係は判らない。なお、「Bing Search Engine」にて検索すると(ex.八幡平)下図のような文字化けが起こる。左上ロゴマークは酷似している。
     「Bing Search Engine」 20180201a

      「Bing」
20180201b
  1. 以前より利用していた「BurnAware Free」のアップデートが公表されたとのことで、v11.0にした。CD/DVD/BDに対応する無償ディスクライティングソフト「BurnAware Free」がv11.0に - 窓の杜
     アップデート作業中に何やら質問(?)があったが、英語が読めないので意味不明のまま実行。
    この時に、おんぶお化けとしてインストールされたのだろうと思われる。セキュリティソフトやブラウザでもお化けが着いている場合はアラームが出るように設定していたのだが、効き目が無かった。(Unchecky  不要なアドウェアやバンドルソフトの追加インストールを防止するタスクトレイ常駐型ツール(説明))
  2. 上記アップデート完了後「WEb Companion」「Frequently Asked Questions」の覚えの無い物がMENUに『最近インストールしたソフト』として表示されたためインストールされている事に気が付いた。「WEb Companion」はWindows 10の設定⇒「アプリと機能」にて消えた。
  3. しかし、MENUからは消えない。エクスフローラでファイル名で検索し削除したが、消えない。
    再起動しても同様也。
  4. 以上により、Firefox(v58.0.1)を利用中に「Bing Search Engine」という、俺が入れた物ではない検索エンジンが勝手に起動するようになってしまった。なお、Firefox以外のChrome、IE 11、Microsoft Edgeではこの症状は発生していない。
  5. ネット検索。「WEb Companion」では多少ヒットする。「Frequently Asked Questions」の検索では、求める内容はヒットしない。「Frequently Asked Questions」は一般的には『FAQ』と略記される言葉であり、ネット検索でヒットさせる事は難しい。「Bing Search Engine」では以下がヒット。これが俺と同じ症状である。
    「bing search engine」に1日潰されたTT:菜後の菜
    前回のbing search engine、無事攻略?しました!:菜後の菜
  6. なお、Firefoxのアドインとして「Bing Search Engine」が有るが、関係は不明也。
  7. (5)の「菜後の菜」での説明によれば
    『レジストリをいじる』と『Firefoxの既定の検索エンジンをGoogleにする。(bing search engineは削除しない)』方法が紹介されている。それはそれとして詳細は前記を熟読。
    それ以外に気になった説明は『bittrrentで感染』した場合について触れている事也。
  8. WikiPediaで「BitTorrent」を読んでも理解が及ばないが、「マイニング」を行うソフトの一つのようだ。『ブラウザを終了してもマイニングし続けるマルウェア』
    要するに俺のパソコンはウィルス感染したということだろう。
  9. 「マイニング」対策については、過日(01/15)マイニングの遮断を行った事で満足していたのだが、セキュリティソフト(カスペルスキー)だけでは役不足の様子だ。本件に気付いた後、完全スキャンを行ったが発見できていない。当然駆除されていない。
  10. マイニングされると自パソコンのCPUが外部の誰かに利用されるというのだから、マッピラ御免だ。
  11. Chromeの拡張機能としては「minerBlock」がリリースされているが、Firefox用は見当たらない。
  12. 『レジストリをいじる』スキルは無いので市販ソフトのCCleanerGlary Utilitiesを掛けたが、そんな一筋縄では行かなかった。
  13. 以上により、(7)の『Firefoxの既定の検索エンジンをGoogleにする。(bing search engineは削除しない)』方法により当座を凌ぐことにした。なお、レジストリをいじらずともOKであった。
 たぶん、こいつ【Fireball】だな 
アドウェア「Fireball」:大惨事につながる危険性 – カスペルスキー公式ブログ
Fireballはブラウザーハイジャッカーと呼ばれるものの一種で、意図されたとおりにブラウザーを改ざんします。具体的には、ホームページや既定の検索エンジンを変更するほか、この変更に気づいて設定を元に戻そうとしてもその操作をさせない、などの挙動を見せます。Fireballが既定として設定する偽の検索エンジンには、マーケティング目的で利用者データを収集するトラッキングピクセルが含まれています。また、Fireballは感染したコンピューター上でコードを実行し、ブラウザー拡張機能などのソフトウェアをダウンロードする能力も備えています。
カスペルキースキーの最高強度にて完全スキャンを掛けたが引っかからない。以下のツールが有るが、留保。
AdwCleaner アドウェアを超簡単にスキャンして削除できる
無料でアドウェアを超簡単にスキャンして削除できる「AdwCleaner」レビュー - GIGAZINE
「AdwCleaner 日本語版」の使い方につ

Windows 10をv1709にアップグレードできずに愚図っていたら、流行の最先端のビットコイン(仮想通貨)の片棒を担ぐようなハメになりそうだ。怪しいソフトは全部アンインストールしたが...
「仮想通貨マイニングスクリプト」をブロックする方法について
【「Bing Search Engine」を駆除する為に追加作業実施】
上記の作業により「WEb Companion」「Frequently Asked Questions」はアンインストールされたようだ。しかし、Firefoxに憑依した「Bing Search Engine」が駆除されない為、更に以下を実施した。
  1. Firefoxのリフレッシュを実施。回復せず。
  2. あわよくばv1709も同時にできるか(?)と思い、過去記事:Win10、最後の手段かを行ってみたが駄目。
    「Bing Search Engine」が生きている現状ではFirefoxで「ウェブサイトのログイン情報とパスワードを保存する」設定が機能しない事が判った。IDやパスワードが漏洩する危険な状態につき更なる究明を行うことにした。
  3. Firefoxを完全にアンインストールし、再度インストールした。また、関係性は無いと思うのだが念のため「uBlock Origin」アドインを入れ、カイペルスキー+広告防止を図った。
    これにて前記(13)迄の作業を行うことなく、「Bing Search Engine」を沈黙させることができた。
    また、前記(2)の「パスワードを保存する」設定は有効になった。
  4. 以上のことから「Bing Search Engine」はFirefoxに特化した悪意のあるツールと判断している。
  5. この状態で外付けHDDにバックアップを取る(02/02 15:20-20:10)(※注意01/19)
  6. Microsoft、Windows 10各バージョンのサポート終了日を明らかに - INTERNET Watch
    各バージョンのサポートを18カ月間提供する
【ウイルス】Web Companionというソフトが知らない間にパソコンに侵入していましたwwwというわけで削除します。 | 町のWeb屋さん