【追記:2018/03/05】本記事を未だ閲覧の皆様へ。クリーンインストールし、アップグレードは完了してます。
俺のPC、今年で終わり」とも思ったりしているが、2017/06/01にパソコンの修理(HDD⇒SSDへの交換)を依頼したパソコン修理業者に頼む事を思いつき、パソコン修理見積依頼した。
すると、12,000円程度で復活する可能性がある模様。過日SSD換装を依頼しているので値引きしてくれるとの事。
また、復活しなかった場合は「キャンセル扱いで、それまでの工事代金は無料」との事だ。しかし注文主の考え次第では、同額を以ってOSのリカバリーを行って最新バージョン(v1709)にすることができるとの事。

いずれにしても2万円とは掛からないようだ。昨年の10月以来の願望であるv1709へのアップグレードがその程度でできるのであれば外注するしか無いだろう。これ以上、眼の不自由な俺がゴチャゴチャやったところで、傷口を広げる結果になりかねない。未体験のLinaxを新規インストールしても、その後不慣れなOSで遊ぶよりは良い。当然、新規購入よりは圧倒的に安い。購入して既に5年以上経過した現行パソコンだ。この先の余命は見えないが、過日行ったSSD換装工事の勢いで、共に2020年を迎えたいものだ....ということで、修理依頼する事にした。
「Windows 10 バージョン 1607」のサポートは4月10日まで ~他バージョンの終了日も発表 - 窓の杜
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
02/14朝、「セキュリティ更新プログラム リリース スケジュール」の2018/02/14 リリース版の自動アップデートが配信され以下の現状也。この更新を以って02/15 PM、外付けHDDにシステムバックアップする。
254024776_624.v1518566490

2018年2月の Windows Update メモ (2/14更新) - ぼくんちのTV 別館」を見ても、02/14のv1703向けは配信されているようだ。それにしても、撤去したOffice 2010向けが未だに配信されるのは解せない。
また、「KB890830」は配信されなかった。

上記図により自動アップデートが開始されたが、これが完了した告知も無く、30分ほど後になって以下の図に切り替わった。
  254025135.v1518570322

これにより「悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 - 2018 年 2 月 (KB890830)」はインストールされた。しかし、上記で自動インストールしようとしていた「撤去したOffice 2010向け」が再度配信されるた。
  • Microsoft Office 2010 (KB4011707) 32 ビット版 のセキュリティ更新プログラム
  • Microsoft Office 2010 (KB3114874) 32 ビット版 のセキュリティ更新プログラム
【結果としては、これまでと同様に以下のエラーが出てアップグレードできない】
  • Windows 10、バージョン 1709 の機能更新プログラム - エラー 0x8007001f
今週になってまた降った大雪が溶け次第、パソコン修理に持ち込む予定也。とは言うものの、来週いっぱいは寒さが続く天気予報であり積雪がどこまで溶けるかが読めない。修理には1週間ばかり御預けとなるので、その間はパソコン無しとなる。
関連過去記事:質問 / パソコン修理完了 / Windows 10の不調記録:続

俺のPC、今年で終わり」とも思ったりしているが、2017/06/01にパソコンの修理(HDD⇒SSDへの交換)を依頼したリョーテック に頼む事を思いつき、パソコン修理見積依頼した。 (パソコンドック24)