この数日、「MSN Japan」サイトにアクセスできなくなった。
MSN なんてサイトの利用率は極めて低いのだが、イザ通じないとなると何故か気に入らず、色々と試してみた。
世の中的には同じような事象に行き当たった人も多く、ネット検索ではヒット率が高かった。QandAサイトでの御指導も少なくない。しかし、判ったような能書きは多いものの解決策にはならなかった。
「利用率の低いサイトなんだから..」と諦めようとしていた最後に引っかかった方法がベストチョイス也。

それは、モデム(Wi-Fi)の電源。 モデム電源を切断し、再度入れ直すだけの事である。これで直った
なお、モデム電源を弄る前には、パソコン本体の電源を切る事を忘れないように
20180310


【追記:03/11 15:00】再びダメ。「Bing」にもアクセスできない。但し、Cortanaからは通じる。
【追記:03/11 15:30】使用しているWi-Fi(株式会社バッファロー:BUFFALO)用ソフトを入れ替えて、設定をし直してみたが、不調は解決しない。Microsoft Edgeからは「MSN Japan」「Bing」共に問題無く通じるが、FirefoxやChromeからは何れにも通じない。IE 11 では「Bing」は通じるが「MSN Japan」に通じない。
巷では話題になっていないようだから、俺のパソコン環境に由来する不具合なのだろう。
【追記:03/11 16:00】Wi-Fiより上流のモデムも電源をoff・ONした。結果、Firefox以外は「MSN Japan」「Bing」共に通じるようになったが、モッタリ感有り。
【追記:03/11 17:00】前記にて放置していた。現在すべてのWebブラウザにて不具合が無くなった。しかし、モッタリ感有り。以前話題のCPUに災いするウィルスに関連している出来事だろうか。
【追記:03/13 17:00】モッタリ感が消えた。以前と同様の状態になった。これを以て本件は決了也。
過去記事:マイニングの遮断を行う / CPUに脆弱性との事 / Bing Search Engineが憑依