2018/03/14厚生労働省は「人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン」の改訂版を公表した。ガイドラインは、アドバンス・ケア・プランニング(ACP)の概念を採用し、地域包括ケアシステムの構築を踏まえて、病院での対応のみならず、在宅医療や介護の現場での活用を想定して策定したとのこと。
アドバンス・ケア・プランニングACP:Advance Care Planning)
今後の治療・療養について患者・家族と医療従事者があらかじめ話し合う自発的なプロセス

厚生労働省>> 医療
関連過去記事:病気の緊急度判定『Q助』 / 高齢者、自宅の売り時は? / 突然死のデジタル遺品 / 町医者の小遣い稼ぎ / 延命治療の意思表示

 要するに『患者自身と、延命治療を行わなくても文句を言わない基準を決めておきなさい』という事だ。
 これで、「救急搬送」せず「遠隔で死亡判定」でき、「治療を中断」する基準ができた。「厳しい介護認定」により「介護施設に入居できる人員制限」を行い、「自宅で死にたがる者」を「墓地代わりに樹木葬」で埋葬すれば、増え過ぎて邪魔になった高齢者を一掃することができる体制を整えたということだ。税金はしっかり前取りできるし。
 かかりつけ医に走りこんで手に負えないことが判った後から総合病院に緊急搬送されても、生存確率は下がるだろう。
【参考】-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
  • 平成19年の「終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン」が名称変更された。
    (PDF:ガイドライン / 解説編)
    ※平成18年3月の富山県射水市における人工呼吸器取り外し事件関連
キーワード:終末医療、在宅看取り