熟年離婚とか、死後離婚とか、離婚にも色々な呼び名がついているようだ。
しかし、いずれも法律上で結婚(婚姻)したのが結婚関係を解消するということだ。

ボーヴォワールサルトル契約結婚という関係で、いつでも別れられたのだろうが、一生を共にした。
最近では不倫とのことで大騒ぎしたがるが、他人様が何をしようと第三者が四の五のと言うことではあるまい。
不貞行為が禁止されていた時代でもなければ、姦淫を禁じられているキリスト教徒でもあるまい。
法律で一緒になって嫌々結婚生活を送る男女よりは、LGBTの人達の方が人間関係は深い場合もあるだろう。
姦淫だろうが、不倫だろうが、男女の差なく、相方以外の異性と性行為をしたいのならドンドンやれば良い。
家庭崩壊さえしなければ上等だ。 古今東西を問わず、経済力の有る者は不倫だろうと問題は起こらない。
アラビアンナイトの世界で大勢の女性をハレムにおく王様は、平等に扱わないと女性から叱られるそうだ。
セクハラだの、パワハラだの、イジメだの、不倫だのと、感性で判断するような事をグチャグチャと五月蝿い。
関連過去記事:結婚ってなんだ / 不倫を騒ぐ瓦版屋 / 結婚は必要なのか? / 熟年離婚は愚行なり