ブログランキングの中で日本ブログ村には「シニア日記ブログ」というカテゴリーがある。(皆声.jp)
シニアとは何ぞや(?)という議論はさておき、このランキングでは以下のように分類されている。
  • 90歳代・100歳代(15) / 80歳代(62)
  • 70歳代(362)  / 60歳代(750) / 50歳代(458)
  • ( )内は参加人数であり、やはり「70歳代」より若い人が多い。尚、これ以外に「団塊の世代(207)」という分類がある。

    とはいうものの、80歳代以上に登録している人達が百人近いことに驚く。ランキングに参加せず、自分の世界でブログを綴っている人達も多いのであろう。俺的には、目標としたい先達のブログはとても楽しみに拝読している。
    とは言っても
    ランキングに参加している人以外は、その存在を知るチャンスが少ないので、「ランキング参加ブログ」のリンクブックを辿って探すということになる。先輩達はブログにリンクブックを設置していないので探すのが大変也。

    そんなこんなで探した先輩ブロガーには
    元気な人が多い。 情けない事には、俺よりも元気さを感じる。
    パソコンを弄ろうという気力も立派であるが、文章を書こうとする姿勢が失われない事が素晴らしい。
    何と言っても、アバウトな話で俺が20歳だとすれば、先輩達は40歳であり、とんでもない上司という人達だ。
    俺のサラリーマン人生から考えても、その年齢差の先輩たちはパソコンに触る事すらしなかった人が多い。
    先輩ブロガーの記事を拝読すると、退職後にパソコンを始めたという人達も多い。やはり、長生きする人は頭脳も柔軟なのであろう。 先輩を追い越す事は出来ないが、なんとか追いつきたいものである。
    ちなみに「50歳代(458)」の分類に登録しているタイトルを斜め読みたが、暗いね~。長生きせんゾ
    また、
    【シニア・ナビ】メンバーだが閉鎖空間だ。あれならFacebookのようなSNSのほうが楽しめる。
    関連過去記事:先輩・後輩の年齢差 ? / 還暦からのスタート / 人間とは面白い / 全国学力テスト結果を公表
    WikiPediaの各項目より抜粋引用
    • 焼け跡世代とは、幼少期と少年期を第二次世界大戦中(1939年1945年)に過ごした世代。
    • プレ団塊の世代とは、団塊の世代よりも数年前に生まれた世代。 
      なお、1946年(昭和21年)生まれについては、第二次世界大戦後であるがベビーブーム前であるため、団塊の世代に含める例と、焼け跡世代や戦中生まれ世代に含める例がある。
    • 団塊の世代とは、第一次ベビーブーム時代の「1947年(昭和22年)から1949年(昭和24年)までの3年間に出生した世代。 
      第二次世界大戦直後に生まれて、文化的な面や思想的な面で共通している戦後世代。 第一次ベビーブーム世代とも呼ばれる。
    • しらけ世代(ポスト団塊の世代)は、日本の学生運動が下火になった時期に成人を迎えた、政治的無関心が広まった世代。 (1950年代後半に生まれた世代)
      1980年代には、世相などに関心が薄く、何においても熱くなりきれずに興が冷めた傍観者のように振る舞う世代を指した。 また、真面目な行いをすることが格好悪いと反発する思春期の若者にも適用された。
    • ゆとり世代とは、2002年度(高等学校は2003年度)学習指導要領による教育(ゆとり教育)を受けた世代、またはそのうちの一定の共通した特性を持つ世代のこと。

    とは言うものの、誕生日違いで高額医療費を取られるとのことだから、歳を取り急ぐのも考えもの也。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    俺は気ままな思い付きのようにブログを続けてきたが、5年の上も経つと何をドコで書いたかが訳が分からなくなってきた。そこで、重要な内容はWikiに転載して、まとめておこうと思い立った。ブログを始める頃から、書き留める物としてウェブサイトorWikiで迷っていたのだが、結局はウェブログに落ち着き現在に至っているが「ボケ防止の為にブログを日々書く」事を心掛けたため、防備として本当に必要な記事と、どうでもよい記事がグチャになってしまった。
    この先如何ほど生きるかは知らないが、せっかく収集した情報なのだから、生きている間は有効に使いたい。
    あの無料レンタルWiki(@Wiki)は、有限会社が運営しておりWiki以外もレンタルしているようで胡散臭く見ていたが、会社設立から10年以上が経っており、左前になる心配は薄れたと見た。
    ということで、ブログ書きに併せてWikiの整理を始める事にした。
    情報整理(書き写し・転載)の方法は色々あるが、年月の風上から月単位で追いかけていこう。