退職以来、身仕度が変わった。 退職して間もない頃に、それまでの背広を処分したが、大半は未だにクローゼットの肥やしになっている。 向後、背広を着る事は無いだろうから、なんとか早期に断捨離したいものだ。

退職して以来、随分生活様式が変わった。 退職したばかりの頃は、「自室で珈琲を点てながら音楽を聴く時には、小洒落た背広姿でパイプを楽しむ」つもりでいたが、結局は気楽なスタイルで1日を過ごしている。

散歩する時でも、部屋でウロウロする時でも、病院に出かける時でも、ジャージーのトレーニングウェアばかりだ。
ちなみに、バミューダショーツ(?)、ハーフパンツの類は室内でクーラーが寒いので穿かない。
せめて通院時くらいは、背広と言わないまでも....と女将には言われるのだが、仕事人時代の習性が抜けず、通勤時以外はどんな服装であっても気に掛ける気になれないでいる。
しかし、散歩道で小洒落たスタイルの同年配と極稀にすれ違うと、なんとなく気がかりになる事もある。



ブログ執筆者の皆様は、ウォーキングとか散歩するときはどんな身支度をして出かけているのだろうか
暑くなった最近は少し動くとすぐに汗をかくので、その都度入浴し着替えるのは面倒に思う。
増してや、梅雨明け宣言と競うようにして急激に暑くなった今年は、日が高くなる前であろうとも散歩したらシャワーと着替えは必須也。しかし、ウロつく都度に風呂では老体がカサカサになってしまうのではなかろうか

高齢者が自動車運転免許証を更新する際には認知症の検査が行われる。しかし、既に自主返納した俺は、その検査を受けた事も無く、内容も知らない。 散歩中に行方不明でお騒がせしないように、自主検査しておこう。
関連過去記事:「平服」でお越しください / 秋の服装に悩む / 竹光侍 / 支給された作業服 / ♪古い上着よ