過日、『心臓MRI検査』とか『MCG解析(虚血性心疾患解析)』というも検査方法で心不全の前触れを知る事ができる事を知った。過去記事:丈夫な血管が欲しい / 嫌だね、医者の腕試し
しかし、「花咲爺やの気まぐれ通信」ブログを拝読し、更に他の検査方法がある事を知ったのでメモ。

「シンチグラフィー」とか「RI検査」とも呼ばれるが、『心臓核医学検査(心シンチ)』というものらしい。
世の中は、どんどんと進歩しているものと感心する。長生きしていれば、更に進歩するのだろう。
WikiPedia:心不全>>診断より抜粋転載
胸部X線写真心電図脳性ナトリウム利尿ペプチド (BNP)、心房性ナトリウム利尿ペプチド (ANP) などの血液生化学検査が参考になることもあるが、通常は心エコー検査(心臓超音波検査)が最も多くの情報をもたらす。観血的には肺動脈カテーテルを挿入し心拍出量や肺動脈楔入圧 (PCWP)、中心静脈圧 (CVP) の測定を行う。
 前述ブログの管理人さんは「RI検査」を受けたとのことで、経緯が掲載されている。
  1. 先週土曜日の15時過ぎ頃から胸が急に痛くなったので、本日市民病院で再び検査を受けると・・・
  2. 本日は朝一番で、先回のCT検査の結果を聞きに市民病院を訪れて・・・
  3. 爺やは「心臓核医学(RI)検査」を受ける為に、昨日の朝早く市民病院を訪れて・・・

心不全の診断 血液検査で有力な指標 - 熊本日日新聞
血液検査(BNP、NT-proBNP、ANP、CRPなど)の相談と解答 | 公益財団法人 日本心臓財団
BNP検査