「断らない住宅」なる言葉、初耳である。
「断らない賃貸」広がらず 高齢者支援策、家主にリスク:朝日新聞デジタル
低所所得者や高齢者、障害者など「住宅確保要配慮者」の賃貸入居を家主が断らない住宅(断らない住宅)を自治体に登録してもらう事を国土交通省が始めた制度で、2017年10月に施行された「住宅セーフティーネット法(住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律)H29.10.25施行」に基づいて新設されたとの事。

保証人となる者がいない身寄りの無い者は、老人ホームや賃貸マンションへの入居はハードルが高いだろう。
そのような者に住宅を提供してくれる家主を検索できるシステムがあるということは嬉しいことだ。
住宅:住宅セーフティネット制度について - 国土交通省
セーフティネット住宅情報提供システム
 WikiPedia:賃貸住宅 / 高齢者専用賃貸住宅(高専賃) / 有料老人ホーム / マスターズマンション(高齢者向け分譲マンション)/ シニアタウン(退職者の村) / 高齢者円滑入居賃貸住宅(高円賃)/ 介護老人福祉施設 財団法人 高齢者住宅財団 / 一般社団法人 高齢者住宅推進機構 / サービス付き高齢者向け住宅情報提供システム
 身元確認できるような携行品を持たない者は、身分証明書代わりに「マイナンバーカード」は必需品也。
認知症受刑者 身寄りがなければ出所後の終の棲家探しも支援│NEWSポストセブン