日本中のテレビと言うテレビが、人員を総動員して、微に入り細に入り、この事件を追いかけまわしている。
女児殺害 下校途中に線路脇の道歩く姿 自宅近くで連れ去りか | NHKニュース
報じられる家族や親族は堪らないだろう。そっとしておいて欲しいだろう。

マスコミが騒ぎ立てたところで、犯人追及の助けにはなるまい。
四国の脱獄事件⇒TOKIOの山口わいせつ事件の追いかけがひと段落したと思っていたら。
他に報道するべき出来事があるというのに、ハイエナと言えばハイエナが怒るな。

あれだけ土俵が出来上がっている国会の質疑でも追い詰めきれない力無き野党を面白可笑しく放送しまくる時間に、刻一刻と変化している国際情勢なんぞに触れる事無き立派なテレビニュースは、存在意義があるのだろうか。
それにしても、野党はホントウに力不足だ。くだらない標語を考えている暇人也。
関連過去記事:なにがあったのでしょう / テレビは不要  / 殴打事件にみるTVの終焉 / ネット同時配信でテレビが / ニュースの捕らえ方