過日の健康テレビ番組で、眼の話題ということで視聴した。 講師は、深作眼科院長の深作秀春
fukasaku eye Institute blog
いずれ避けている硝子体手術をしなければならなくなるかもしれない俺としては、関心大也。

同医師の図書についてメモ。
日本の眼科治療は世界から20年遅れている――『やってはいけない目の治療』 / 深作秀春 / 深作眼科院長- | SYNODOS -シノドス


関連過去記事:眼の注射、アイリーア:学 / 硝子体手術に朗報 / 長生きするもんだね / 白内障の症状に疑問 / 黄斑変性を学んで