ニュースを伝えるという姿勢から大きく外れ、単なる時間潰しと化しているテレビニュースは不必要と思ってから久しい。三面記事ではあるまいし、視聴者の興味を唆るためにドラマ仕立てにする事はあるまい。
ニュース報道番組で視聴率を稼ごうとしなくとも、他の番組で来客を増やせば良かろうと思う。
テレビニュース等のマスコミが報ずる事が正義であるとは限らないのに、あたかも正義であるかのごとくSNSの記事まで引用して世論を煽る事は、正しいマスコミのあり方なのだろうか。
ニュース番組というものは、事実として判っている事を的確素早く報道すれば良いのであり、飾る事は無い。
各局ともに一人程度はアナウンサーを含めたキャスター構成のようだが、出来事を伝える番組なのか(?)、出来事に対する感想を述べ合う番組なのか(?)、分からない。

などと思いながら、改めてテレビのニュース番組らしき物を拾い出してみると、正に雨後の筍状態で乱立している事を知った。これは、各テレビ局が「ニュース番組らしき物」に時間枠を割き、力をいれているのだろうかしらんと思い、暇人はそれらしき番組を拾い出してみた。これらは、ワイドショーとかバラエティ番組として制作されている番組なのかも知れない。 (WikiPedia:報道番組>>ニュース番組のワイドショー化)
なお、以下のピックアップからは、朝の5時~8時、昼の11時30分~12時15分、夕方の16時40分~19時30分頃に、正当なニュースの番組構成として報道される各テレビ局の番組は割愛している。
しかし、その時間帯でニュースを報ずるアナウンサー達もお笑い芸人なる人種と思考回路・知識は同程度のようだ。
  
 日中 
  

上記のテレビ番組は、当地石川県内の地上デジタルテレビ放送で全国版のネット番組として平日に放送されるものだ。東京などの大都市圏では、これ以外にも放送されているのであろう。
また、土曜・日曜になると、お笑い芸人がメインキャスターとなって面白おかしく週末の締めっくくりとして「ニュース報道なのかバラエティなのか分からない」状況の番組が報じられる。

こうしてピックアップしてみると、如何にニュース番組が多いかが判った。これでは、各テレビ番組が独自色を出さんが為にアナウンサーばかりではなく、毛色の変わった芸人などのコメンティターを用いる事になるのだろう。
しかし、ニュースウオッチ9のように、NHKニュースの顔と考えていた番組が「芸人を含めない自社アナウンサーだけでのバラエティ番組化」されると如何にも情けないと思う次第である。

最近のマスコミは、「日大アメフト反則事件」以外にはネタ切れとなった様子で、執拗に追いかけている。
後は「北朝鮮」の話題が高尚になってきたらしく、アメリカのマスコミが加工した報道ネタを垂れ流す以外にネタは無いようだ。日本の政治事や安倍草履に絡むようなネタは、監督官庁の総務省から口止めされているのか(?)、上っ面を撫でてお茶を濁している体たらくは情けない。結果として、ニュースを知るなら、ネットを眺める事になる。
関連過去記事:なにがあったのでしょう / テレビは不要  / 殴打事件にみるTVの終焉 / ネット同時配信でテレビが / ニュースの捕らえ方 / 警察とマスコミの癒着 / 何故テレビは報じない? / どうするフェイクニュース / 消えるアナウンサー

テレビ番組ひとつを作るのには、大勢の人が携わっているとのことだ。番組に出演している者を頂点として、番組作りをする人達だけでも数百人に及ぶにしい。更には、レポーターとかの影で活躍する人達を含めたならばどれくらいの人が働いているのだろう。その人達の労務費や、制作費用を考えれば、「ツマラン」と一言では片づけられないのだろう。
とは言うものの、現在は「日大アメフト反則事件」で正義漢ぶっている各局の番組だが、つい数か月前までは「大相撲ぶんなぐり事件」で同様に正義の味方を気取っていた....今更あの事件を振り返って騒ぐことは無いが、日馬富士や貴乃花親方のその後程度は報じても良いのではないだろうか。
 WikiPedia:日本のニュース系列 / ニュース専門放送局 / ニュースキャスター
昨夜は、4ch.日本テレビ系列で全国好きな嫌いなアナウンサー大賞(公式サイト)。 何と言えば良いか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
05/31に第55回ギャラクシー賞放送批評懇談会主催)の贈賞式が開催され、1985年~2004年までテレビ朝日系で放送の報道番組「ニュースステーション」MCの久米宏氏と小宮悦子氏が司会役。当時は立派なニュース番組也。