英国オックスフォード大学ロイター・ジャーナリズム研究所が毎年行なっている国際的なメディア調査レポートの最新版『Digital NEWS REPORT 2018』によると、
日本の新聞で読者の信頼度が高いのは、1位が日本経済新聞、2位が地方紙、3位が読売新聞、4位が産経新聞、5位が毎日新聞朝日新聞は6位(最下位)で“日本で一番信頼できない新聞”という評価だ。

この結果に関する解説は専門家に委ねるとしても、「読者の評価との事だから購読者が減った」という見方もできる。

朝日新聞の持つ独特の視点は「朝日新聞系のテレビ報道」にも生かされていて、政府・与党におもねる姿勢が薄い報道姿勢が見受けられていた。しかし最近では他紙系のテレビ報道との区別は見受けられなくなった。
とは言うものの、どこかに残る朝日新聞臭さが災いしてか、「スーパーJチャンネル」にしろ「ワイド!スクランブル」にしろ、そこまでやるかというシツコイ突っ込みが長いだけの番組構成となっている。

また、「報道ステーション」は古舘伊知郎氏が前身番組の「ニュースステーション久米宏氏から引き継いだ頃には『朝日新聞の持つ独特の視点』も引き継がれていたが、現在のキャスター富川悠太氏であれば他局以下となってしまっている。 あれでは朝日新聞の購読者を含めて視聴者離れしても不思議はあるまい。

そのような事も網羅された結果が反映されたメディア調査レポートなのではないだろうか。
しかし、朝日新聞だけに限らず、最近の報道は政権寄りに見える。海外の報道と比べて読みたいものだ。
全国五紙(読売朝日毎日日経産経)、ブロック三紙(北海道中日西日本
関連過去記事:Web新聞検算 / 落ちぶれテレビニュース / 石川県のテレビch. / ワイド!スクランブル:評
安倍草履と報道の陰謀 / なにがあったのでしょう /