聖火リレー、福島県からスタート 被災地から復興五輪へ:朝日新聞デジタル
2020東京オリンピック(2020/07/24-08/09)の聖火とやらを、どうして日本全国を持ち回りするのだろうか?
オリンピックの開催地古代オリンピックに倣って都市であり、国家が行う事では無い。(都市国家)
JOCIOCに対する日本の窓口であり、招致された個々のオリンピックの主体はそれぞれの開催都市であろう。したがって、2020東京オリンピックについては東京都が開催地(2020東京オリンピックの場合正確には、東京が開催地域として選ばれており、開催都市ではない)であって、東京以外の日本は関係無い..が、東京とはどこ 歴代の東京都知事が招致に尽力していたから、世界中が「東京=東京都」と考えているが
東京都とは、法律的には日本の首都ですらない。尤も、日本には法律で定める首都は無い。
にも関わらず「わが村」⇒「地域」⇒「東or西」⇒「日本」と節操も無く応援する日本人は、東京都民ではないのにも関わらず、出しゃばりたがる。聖火が全国リレーするのは、国民の税金を無駄使いする事への言い訳也。

2020年3月26日に福島県をスタートし南下し、大阪府から四国を経由して九州へ。沖縄県から九州に戻って日本海側を北上し、北海道から太平洋側を再び南下。競技会場を抱える静岡県や神奈川県などを通過し東京都へ。7月24日の開会式で新国立競技場にゴール。フェリーなどの移動日を含め、計121日間の行程となる。
リレーの開始前に、岩手、宮城、福島の3県で、ギリシャから運ばれた聖火を「復興の火」として順次展示する。
2020年東京オリンピックの競技日程 - 2020東京2020.com
によれば、2020年東京オリンピックは、7月24日(金)午後8時からの開会式、8月9日(日)午後9時からの閉会式。マラソン女子は8月2日、マラソン男子は閉会式の8月9日である。
パラリンピックは8月25日(火)から9月6日(日)までの会期

2020東京オリンピック:朝日新聞デジタル
ぜんぶわかる 東京五輪・パラ|NHK NEWS WEB
関連過去記事:東京オリンピックは炎暑 / it マァマァの日本 / 特別仕様ナンバープレート / 明日は金沢マラソン / 新・東京五輪音頭ねぇ? / 大嘘つき納め-小池知事 / 都知事の心境は / 危うい(?) IoTの世界 / 小池都知事の勘違い?
NHKなどは、聖火リレーに参加したい人達や、東京オリンピックを心待ちにする人達を報ずるが、国民の何パーセントがファン倶楽部なのだろう 野球やサッカー、大相撲などでも20%が視聴すれば大成功ということらしいから....まあ、上出来なのだろうか そうして考えれば、安倍政権の支持率は凄いんだな~
受動喫煙防止を考えるよりも、キャッシュレスやトイレット等の命題は多い。何よりも暑さ対策也。

平成30年7月豪雨で、中国地方等で被害が甚大である。(西日本豪雨に関するトピックス:朝日新聞デジタル)
今、オリンピックの会場作り工事に使われている工事用車両や作業員の数を考えれば、災害復旧に回したい。
これからも想定外とする災害が起こる事は間違いない。
記録的豪雨、梅雨前線と暖かく湿った空気が要因 気象庁:朝日新聞デジタル
最近打ち上げに成功したという気象庁の観測衛星とやらはサッパリ役に立たたない模様。NHKにしても、フランスの人工衛星が撮影した映像を、民間測量会社の「パスコ」を分析した画像を用いている。
気象庁の観測衛星とやらは、アメリカの為のスパイ衛星だったのか。観測データは公開されないのか。(JAXA実績)

2018年7月 豪雨災害 | 株式会社パスコ ※必見