これまでは、e-Gov電子申請システムを利用するためにはJavaのインストールが必要であったが、Java8の無償保守サポートが2019年1月に終了予定であることが米国Oracle社より正式発表された為、2018年11月を目標にJavaを用いないシステムに変更するとのこと也。
これにより、e-Gov電子申請システムの利用方法等が変更になるとのこと也。
Java SE 8無償サポート終了対応について|電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ ※詳細
e-Gov電子申請システムご利用ガイド
  1. 2018年11月(予定)に現在のJavaに替え、.NET Framework(4.7.1以上)を活用した方式へ変更
    開発者向けの .NET Framework のインストール | Microsoft Docs
  2. 電子申請用プログラム⇒e-Gov電子申請アプリケーション(2018/10/下旬、事前配布予定)に変更。
「泥棒を捕まえて縄を綯う」の日本行政のTOP(e-Japan)がやっと重い神輿を上げた。下部組織やぶら下がりのシステム関係は、これで、はずみ車が回りだすのだろうか。俺はJavaAdobe Flash Playerもアンインストール済みにつき、差し障り無し。 関連過去記事:Yahoo! JAPANがTLS1.2へ / Win 10は快調に動作
 この際だから、「Internet Explorer 11」もアンインストールするかな
Windows10 - Internet Explorer のアンインストール(削除) - PC設定のカルマ