当地石川県の県庁所在地である金沢市は中核市である。

地方自治において都道府県は一般市より上位に位置するが、政令指定都市は「都道府県と同等」と見なされている。都制の特別区とは異なるが、政令指定都市内に区が設置される。但し区議会は無く、区長も市長の任命也。

中核市に区は無い。金沢市と言えば城が在りネオン輝く街並みばかりと思いがちだが、実は隣の富山県(小矢部市南砺市)と行政境界を接している。要するに山の中までが受け持ちエリアなのだ。
当地に転居してから、石川県ローカルニュースで熊が出たの猪が出たのと報じられるが、山の尾根までが金沢市の受け持ちエリアなのだから当然である。また、土砂崩れだとか孤立化とか報じられてもこれまた当然である。
一方で、50万人以上を擁し全国に20市しか無い政令指定都市とはいうものの、区と称する行政区の殆どは自然溢れるエリアで同地域の人口を掻き集めて政令指定都市として成り立っている状況だ。

なお、2015年の大都市制度廃止時に特例市だったのうち中核市等に移行しなかった施行時特例市と呼ばれ経過措置がとられている。 面倒な行政単位は廃止して「道州制」をとった方が良かろうが、政治家の儲けが減るから。
2018年4月1日現在の施行時特例市で県庁所在地の市
山形市(山形県) / 水戸市(茨城県) / 福井市(福井県) / 甲府市(山梨県) / 佐賀市(佐賀県)
関連過去記事:立ち小便はよそう / 世界遺産になりたい症候群 / 紛らわしい「町」と「区」 / 現代版「城下町」タウンページ:考 / 焼け残った町家が頼り / 東京都区部の歴史 / 「東京」の範囲 / 東京地方より

地震被害のあった北海道で震源地に近い「町」は簡単に「安平町」や「厚真町」と報じられるが、「」の「都道府県」名から知れるとおり、本名は長い。正しくは、北海道胆振総合振興局管内の勇払郡である。(※振興局 / )
ちなみに、政令指定都市である「札幌市」は石狩振興局に所在する。札幌市を中心に都市化が進んでおり、北海道の振興局の中で最大の人口(宮城県と同等以上)と最大の人口密度(兵庫県と同等、宮城県の倍以上)を持っている....との事だが、クマも暮らしている。

最近のテレビ取材が地方に出向くとレポーターは『東京から来た..』を連呼するが、ドコの東京なのかと訝しく思う。東京湾の埋め立て地に建っているテレビ局なんぞは、東京なのかい 八丈町役場の住所=東京都八丈島八丈町