視力の良くない俺には文字サイズを任意に変えられる電子書籍は愛用品である。
電子書籍はパソコンでも読むが、タブレットで読む事が多い。メインの本屋としては楽天ブックスである。

数日前にタブレット用アプリ(電子書籍リーダー、Kobo Books)の保存先が増えた。これまでは本体ストレージにだけしか保存できなかったが、SDカードに保存できるようになった。
タブレット購入時のOSはAndroid 4.2 であったが、Android 4.4へのメジャーバージョンアップがなされた。これにより、Android 4.1~4.3 ではSDカードに書き込みが可能であったが、書き込みが不可 になった。Android 4.4でもルート化をすればSDカードに書き込みできるようになるとの事だがセキュリティを考えると怖くてできない。なお、 Android5.0 では、本件が緩和されているとのことだが、NECは当該製品のアップグレードは行わないとの事。
電子書籍を読む事を目的にタブレットを購入した際、Wi-Fi 等の通信環境が無い場所でも読む事ができるように大容量の図書データをダウロードし格納しておけるように30GB SDカードを購入したが目的を達成していない。
俺は楽天ブックス以外に、「eBookJapan」と「Kindle本 電子書籍 | Amazon 」を利用している。
eBookJapan公式アプリ「ebiReader用AP」では以前よりSDカードにデータを格納できた為、青空文庫を読むのに重宝であった。しかし、Amazon用の「Kindle電子書籍リーダーAP」は未だに本体ストレージにだけしか保存できできない。
Android 4.4ではSDカードに読み書きできないというGoogleのアナウンスにも関わらず、これを行えるようにした技術は何だろうとも思うが、難しいことを考えずに、利用できることは喜ばしい。このような技術があるのであればAmazon用APでもSDカードを使えるようにして欲しいものである。
【追記:2018/10/19】Amazon用APの図書データもSDカードに収録できるようになっていた。
関連過去記事:困ったAndroid 4.4

スマホのファイル管理するアプリに「Yahoo!ファイルマネージャーAP」では以下の注意書きがある。
Android 4.4 の端末では、SDカードへの書き込みが制限される仕様となってしまいました。これは、Googleの提供する基本ソフトにおける仕様変更のため、アプリ側で対応することができません。
楽天ブックス用アプリの技術を用いてSDカードへの読み書きができれば良いのにと思う最近である。

この事を確認する為に「Yahoo!ファイルマネージャーAP」を覗いたところ、以下の注意書きを見つけた。
【重要】一部の環境でYahoo!ファイルマネージャーを利用できなくなりますお客様により安全にサービスをご利用いただくため、2018年9月26日より、インターネット通信暗号化方式「TLS1.0」および「TLS1.1」のサポートを順次終了いたします。
過去記事の「TLSの進化に追随が大変」な事に関連することなのだろうか...Yahoo! JAPANがTLS1.2以上からの接続以外はできなくなる事はパソコンだけの事では無かったのだ...当然と言えば当然也。
「Yahoo!セキュリティセンター | セキュリティ強化のお知らせ」から環境が対象か確認できる。
また、「TLS1.2を有効にするためのブラウザーの設定変更方法」が説明されている。

関連過去記事:タブレット用セキュリティ:考 / Androidアプリの掃除方法 / Windowsタブレットを物色 / タブレット買い替え検討?