NHK「チコちゃんに叱られる!」は、最近のただ騒がしいだけの番組が多い中では大いに好みである。
「好奇心旺盛でなんでも知っている5歳」という設定の着ぐるみの少女に「ボーっと生きてんじゃねえよ!」と叱られるのも快感だが、ナレーションを担当する“ザ・NHK”と言われるNHKアナウンサー森田美由紀氏が“全国民”に対して上から目線で淡々と真面目に読む景色が好きだ。(NHKアナウンス室・森田美由紀)

毎週の金曜(19:57 - 20:42)に本放送が有るつもりでいたところ、無い金曜日もあることを知った。当地石川県ではその時間帯に「金とく」という、NHK名古屋放送局が制作した番組が放送される為だ。
金とく」は金曜日の20時台に不定期で放送されているとのことで、それ次第で「チコちゃん」の出番が無くなるのだ。

WikiPediaによれば、「チコちゃん」の金曜夜本放送時間帯はローカル放送の枠と重なっているため、地域別番組を放送した地域では再放送時間帯(本放送の翌土曜 8:15 - 9:00) 分が本放送になる。..とのこと也。
「金とく」も面白いのだが、俺的には「チコちゃん」を見たい。同好の人達が多く、再放送の視聴率が高いそうだ。
NHK「チコちゃん」今度は関西で番組最高17・1%…土曜朝に民放圧倒中/デイリースポーツ online
しかし、裏読みすればNHKローカル局(日本放送協会放送局の一覧)のすべてが本放送を流すと再放送を見なくなり、再放送の視聴率が下がるのだろう。「チコちゃん」は夜見るから楽しいので、朝から見ている内容ではない。

アッチが良いの、こっちだのと我儘言っていると「バカ言ってんじゃないよ」って叱られるかな。
でも、あの決め台詞はソロソロ神通力が薄れてきたね チコちゃん(声:木村祐一氏)
今晩(10/05)、「チコちゃんに叱られる!」を放送しないNHKローカル局(地域ブロック)を調べてみたら、中部近畿中国地方四国の4ブロック。放送するのは北海道東北関東・甲信越九州・沖縄の4ブロック也。

“ザ・NHK”と言われるNHKアナウンサー森田美由紀氏との確執が噂された有働由美子氏は去る10/01から新しい仕事を始めたとのことだ。有働氏のようなタイプはNHKという稀有な場所では一般市民的な感覚を持っている人として好感を持つ人が多かったのだろうが、普通の世界に嵌まって見れば、別に珍しくもないアラフィーの小母さんであろう。
有働由美子アナがメンタル崩壊寸前!? 『news zero』放送後の「ウドウ反省会」に批判殺到で……|日刊サイゾー
最近のNHKは、金に物を言わせてお笑い芸人抱え込み作戦でも始めたかの如く見える。有働氏が今のNHKにいたところで、昔のようにヒラメクものを発揮できるかは大いに疑問であるが、民放で輝くほどの才能があるかについては尚更に疑問である。現役であれば安藤優子氏のキャラクター程度と見てしまう。
女子アナ」と呼ばれ始めた時代の女性達がリバイバルしてきた今、有働氏のキャラクターは通じるのだろうか。

チコちゃんは、2018年9月22日にNHKと日本テレビで同時生放送された番組『NHK×日テレ同時生放送! テレビ65年 スポーツのチカラ』に特別ゲストとし出演した。この時のチコちゃんのアシスタントは本番組を務める塚原愛氏に代わって、桑子真帆氏が務めた。有働氏がNHKにいたら、桑子氏ではなかっただろう。
NHKらしくない「チコちゃん」がNHKで持てはやされ、NHKらしくない「有働氏」が民放で窮地とは面白い。
zeroと報ステ、新体制に明暗…視聴率分けた異例のネット戦略 | 女性自身