過日より、常時SSL化(https://)したFC2ホームページをレンタルし「混在コンテンツ」となるページを移行し偽HPを開設した。この偽HPにアクセスするのに、(https://)でアクセスするとFirefoxでは以下のエラーになる。しかし、(http://)ではエラーになる事無く表示される。
エラーコード: 「SSL_ERROR_UNSUPPORTED_VERSION」
258191324_624.v1538452109
Microsoft Edgeではエラーの内容は表示されないがアクセスできない。ディフォルトでSSL 3.0だけが拒否設定されているChromeはアクセスできる。Firefoxで上記のエラーコードは「安全な接続ができませんでした」の表示と共に出る。

「SSL 3.0、TLS 1.0、TLS 1.1」を使用しない設定にしている俺のパソコン環境(Chromeは設定していない)には適合しないのだろうか...とも思ったが、2018/08/08の混在コンテンツ:学をチェックしたところ同様の症状であった。まだ本気でFC2ホームページを利用する気が無かったので放置していたが、「Yahoo!ジオシティーズ」提供終了のアナウンスを耳にしたので、改めてFC2ホームページの(https://)サイトにアクセスした際に生ずるエラー原因について学んだ。その結果、
サーバーとクライアントでSSL・TLSのバージョンが異なったら、(https://)で始まるページにアクセスできなくなり、上記のエラー表示になるという事が判った。
使用しない事を奨められている「SSL 3.0、TLS 1.0、TLS 1.1」を、データの受け手である俺のパソコンで受けない設定をしている場合に、送り手のFC2ホームページからデータが送られてきている場合にアクセス拒否される。
その場合、クライアント(俺)側が、相手のサーバーで使っているプロトコルバージョンに合わせれば良い。
FC2ホームページの(https://)にアクセスしたいのであれば、俺のパソコン設定をFC2ホームページ側に合わせてTLS 1.0を受けるように変更すれば良いという事である...が、嫌なこった。
写真共有サイト「フォト蔵」についても同様の状況の為、将来共に変わらないのであれば引っ越しの工夫。

FC2が提供するサービスは常時SSL化(https://)されているが、SSL・TLSは推奨以外に設定されているユーザーに対応する為に門戸を広げて発信しているのであろう。フォト蔵も同様と見た。

Googleフォトより試行
livedoorブログにGoogleフォトに収録した画像をリンクアップした場合はフォト蔵と違い、左帯のPhotogalleryにピックアップ縮小表示されない事がわかった。FC2ブログには、Googleフォトから貼り付けは面倒?
関連過去記事:ブックマーク:考 / 混在コンテンツ:学 / ブックマーク:考2 / TLSの進化に追随が大変 / Edgeの常時SSLエラー / サイト開設への思惑は / 常時SSLのなるほど / ウェブ作成ソフトを導入 / FC2プラグイン適用実験

Webブラウザの SSL/TLS プロトコルバージョン有効/無効を確認できる「QUALYS' SSL LABS