本日10/03 「Windows 10 October 2018 Update」(RS5)が公開され、グレードアップが完了した。
これにより、v1809 Build 17763.1 になった。
20181003

グレードアップ作業は9時に開始し、約3時間掛かった。現在ing.モタモタながら、取り合えず使える状態になった。
Windows 10の次期大型アップデート「Windows 10 RS5」の変更点まとめ(9月10日更新) - 窓の杜
「Windows 10 October 2018 Update」でなにが変わったのか? 新機能をチェック - PC Watch
セキュリティUpdateした後になり、作業が楽であった。 (おぉ~い、Microsoftに)
【追記け2018/10/09】次行からは「Win10 v1809の不具合」に転記し、向後はそちらで扱う事とする。
【不思議】~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  1. アプリのインストール月日が、半数ほど今日(2018/10/03)に書き換えられてしまった。
  2. カーソル飛びする現象が、過去のグレードアップ時と同様に再発している。
    過去記事:「カーソル飛び」修理
    NXパッドを機能を停止にした(つもり) マウスのプロパティ⇒タッピング⇒(キー入力時タッピング)
    (※参考、Windows 10でマウスの接続時にNXパッドを機能停止にする方法)
    20181004a
  3. 言語バーが不調也。「再起動」すると表示されなくなる。「シャットダウン」して再び電源を入れるやり方では表示される。「過去記事:言語バーを非表示に」は使えない。『キーボードの詳細設定』で検索すると以下の画面になるので、⇒「使用可能な場合にディスクトップ言語バーを使用する」のチェックを外す。...を行ったが直らず。
    「再起動」した場合
    20181008a
    「シャットダウン」して再び電源を入れた場合
    20181008
    また、「画面スケッチ(Screen snip/Screen Sketch)」を実行させると言語バーが消える。「Snipping Tool」を実行させれば問題ない。(Snipping Toolの代わり) 関連は不明
    20181006b
    【Windows 10】Google日本語入力の設定が戻る。【April 2018 Update】
  • グレードアップにより、それ以前(v1803)の更新履歴は真っ新になっちまった。
  •  v1803以前に作った「復元ポイントを作成」が無くなった。
  • 通信プロトコルは「TLS 1.2」のみとし、「SSL 3.0、TLS 1.0、TLS 1.1」は使用しない設定にしていたが、Microsoft Edge及び IE 11 の設定が変わっていたので再設定した。
  • セキュリティの権限が、インストールしたいるキュリティソフト「カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019」と Windows Defenderとの間で譲り合い的になり、ノーガード状態になる事がある。
  • ブルーライト軽減設定が変わったかも? (過去記事:Win10アップグレード完了)
    「Windows 10」、次期アップデート(Creators Update)でブルーライトフィルター追加へ - ITmedia NEWS
    ([設定]→[システム]→[ディスプレイ]で設定できる)
  • 2018/10/07失敗Win10 v1809
過去記事:Windows 10の不調記録:3  / アドインのインストール状況:02 / ソフトのインストール状況:02 / ブラウザのアップデート:新 / 「修復ディスク」を作成 / Win10 v1803 Upgrade済 / Win10 v1803 Upgrade済2 / 「修復ディスク」を作成-2

Mac環境の不具合を解決した「Firefox」v62.0.3が公開 ~2件の脆弱性修正も - 窓の杜