2018/10/16に公開される予定のGoogle Chrome v70から、多くの安全なサイトがエラーメッセージを表示して停止する。2016年6月よりも前に発行された、VeriSignやGeoTrust、Thawte、Equifax、RapidSSLといったレガシーなブランドの古いSymantecの証明を使ってるサイトはブロックされるようになる。
Chrome 70ではHTTPS証明の不具合をめぐって数百もの人気サイトがアクセス不能になる | TechCrunch Japan
関連過去記事:どうして「Symantec」

トレンドマイクロのセキュリティ製品はAppleストアで扱われていないそうだが、この世界も厳しくなった。
トレンドマイクロ、AppleのApp Storeで自社品が公開停止になった経緯を説明 - 窓の杜
Chrome v70でアクセスできなくなるサイトについて、海外のサイトは報じられているが日本国内のサイトはさっぱり判らない。 (https://)化されていない行政や大手企業のサイトは多見するが、はたして
「手遅れの日本」としては例によって『Chrome以外のWebブラウザでアクセスしてください』のアナウンスでその場しのぎをすることになるのだろう。でも、Chromeのシェアは大きいんだよ。
PCブラウザシェアの推移(日本国内・世界)2018年9月版

紅とんぼ ちあきなおみ


追記:2018/10/17