【20/07/20追記】 この記事を未だに閲覧する皆様へ
07/15公開のChrome v84.0.4147.89を以って、私の環境でTLS 1.0/1.1がデフォルト無効を確認しました。また、同日には新しいMicrosoft Edge及びFirefoxもTLS 1.0/1.1がデフォルト無効化済みです。
未だにTLS 1.0 / 1.1でなければアクセスできないサイトでは、以下の警告メッセージが出る
.Firefoxの場合               .Chrome・Microsoft Edgeの場合
20200727114135 20200727114131
【書かれている事】このサイトの読み込みに使用された接続は、TLS 1.0 または TLS 1.1 です。これは、期限が切れているため今後は無効になる予定です。これがら無効になるとサイトを読み込むことはできません。サーバーは、TLS 1.2 以降を使用する必要があります。
関連過去記事:SSL / TLS設定チェック (参考:ChromeのTLS設定方法? / ★SSL / TLS 設定方法:2 / Chromeの新機能:学 / TLS 1.0/1.1サポート終)
延期されていたTLS 1.0/1.1のデフォルト無効化、6月から順次実施 | スラド セキュリティ(20/06/15)
20/03/18、主力ブラウザがディフルトで安全なSSL / TLS 設定となった為、設定方法2を見る事。
TLS 1.0/TLS 1.1を削除 ~「Google Chrome 84」がベータ版に - 窓の杜(06/01)
WebブラウザのSSL/TLS 設定については、「TLS 1.3、TLS 1.2」のみとし「SSL 3.0、TLS 1.0、TLS 1.1」は使用しない設定として「★SSL / TLS 設定方法」にて取り纏めたが、Chromeだけ不動作に付き本頁にて再学習。
【関連記事:SSL/TSLの設定TLSの進化に追随が大変★SSL / TLS 設定方法の続き】

TLS1.2を有効にするためのブラウザの設定変更
 (Webサイトにおけるセキュリティ強化 (TLS 1.2) への対処方法について知りたい | So-netより無断転載)
1.Chrome を開きます。
2.「Google Choromeの設定(縦に3つの点)」をクリックし、最下部にある「設定」を選択します。
3.「詳細設定」をクリックします。
4.「プロキシ設定を開く」をクリックします。
5.「詳細設定」タブを選択し、「TLS 1.2の使用」にチェックが入っていない場合は、チェックを入れます。
6.「適用」→「OK」の順にクリックします。
7.Chrome を再起動します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
上記の方法で開く下図は、IE 11から行うそれと酷似している。おそらく、たぶん、間違いなく、同じ操作画面であろう....にも関わらず、ChromeとIE 11 双方の説明が有るのは何故だろう??
本件については他サイトにも説明を見かけるが、同じ内容の説明がなされている。
<<< Chromeでの操作画面 >>>           <<< IE 11 での操作画面 >>>
cba06f246749f3ac
 
<<< Chromeのプロトコル状況 >>> (2018/10/22)
8573d74f-s

※Chrome v70.0.3538.67(Official Build)(64 ビット)にて試行したが、上記説明では変更できていない。 なお、スラド セキュリティ記事から推測するには「「chrome://flags/」画面で有効なTLSの最大バージョンの選択肢に「TLS 1.3」が存在する」との事だが、英語標記のため理解できない。 ということで、設定変更方法が判らない。また、設定方法を解説している記事は少なくないが、確実に設定できたのか(?)は示されていない。2018/10/22現在、「SSL 3.0以下は使わないが、TLS 1.0以上はOK」と不味い設定也。(関連記事:★SSL / TLS 設定方法 / ChromeのTLS設定方法? / Chromeの新機能:学 / TLS 1.0/1.1サポート終)
2020/02/10追記
Chromeについて上記の方法では「SSL 3.0はNoになるが、TLS 1.0・TLS 1.1・TLS 1.2・TLS 1.3がYes」のままで宜しくならない。そこで下記「歌うキツネ : 各種ブラウザの SSL 3.0 プロトコル を無効にする」の方法を行ったところ、「SSL 3.0・TLS 1.0・TLS 1.1はNo、TLS 1.2・TLS 1.3がYes」となったので歌うキツネ記事より当該の一部引用してメモ。なお、これは「起動オプションで設定」するやり方てあり、他に別のやり方があるかも知れない。Chromeはv80.0.3987.87。
1. タスクバー または スタートメニュー の Google Chrome アイコン を右クリックする
2. [Google Chrome] を右クリックする _ [プロパティ] をクリックする
3.SSL 3.0 プロトコル を無効にする場合は [ショートカット]タブ の リンク先: の末尾に [ -ssl-version-min=tls1] を追加する。 (-ssl-version-min=tls1 の前は 半角スペース。 環境によっては --ssl-version-min=tls1) これで、SSL 2.0 / SSL 3.0 は無効になる。
4. TLS 1.0 / TLS 1.1 / TLS 1.2 は有効。
 -ssl-version-min=tls1.1 では TLS 1.1 と TLS 1.2 が有効
 -ssl-version-min=tls1.2 では TLS 1.2 とTLS 1.3 が有効
※要するに、 何らかの方法で[Google Chrome] の [ショートカット]を表示させ、そのリンク先: の末尾に [ -ssl-version-min=tls1.2] を追加すれば良い。
20200210
20200210a
なお、Chromium Edgeにて同様の工事を試行し、「SSL 3.0・TLS 1.0・TLS 1.1はNo、TLS 1.2・TLS 1.3がYes」となった

【参考】以下の操作は、Google Chromeでアクセスして行ったほうが良い
chrome://flags/

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

2019/03/28夕(v73.0.3683.86)、SSL / TLS 設定で「TLS 1.3、TLS 1.2」のみとし「SSL 3.0、TLS 1.0、TLS 1.1」は使用しない設定としたいのだが叶わず、試みにChromeのベータ版(v74)をインストールしてみた。結果、変わらず、ベータ版をアンインストールしたが、PC全体及びChrome正規版自体の動作がおかしいような気がして、正規版についてもアンインストールした上で再度インストールした。要するに無駄な工事をしたと言う事也。