「預貯金はいくらあれば死ぬまで間に合うか」という話題がある。
貯金とは、旧郵便貯金(郵便局、2007年10月以降のゆうちょ銀行預金を含む場合もある)、JAバンク(農業協同組合)、JFマリンバンク(漁業協同組合)に金銭消費寄託すること。貯蓄預金#取扱金融機関及び預金と貯金の区別を参照。
預金を取り扱うのは、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、信用事業を行う農業協同組合などの預貯金取扱金融機関である。このほか、日本銀行もまた預金の受入れを行う。
もともとは、貯蓄を目的とするものを貯金決済を目的とするものを預金と呼んでいたといわれ、預金のほうがより広い意味合いを持つが現在では同義に扱われている。
また、ゆうちょ銀行の場合、民営化以前より口座という言葉を用いない。振替口座(旧・郵便振替口座)のみ口座という言葉を用いる。

しかし、長生きすればするほどに、年金だけでは暮らせず預貯金を切り崩して暮らす身分としては減る一方になる。

また、真偽の程は知らないが政府が言うには「手術すれば長生きできる」とのことで、健康に気遣い、体操に励む年寄りが多い。
高齢者の体力・運動能力が過去50年で最高に!一方で病気予防の運動が「突然死」を招く場合も!?|みんなの介護ニュース
年金は「死んだ月」まで支給されます その「未支給年金」に関する注意点3つ | マネーの達人
  • 未支給年金額そのものが、死亡月が偶数月か奇数月かによって変わる。
  • 公的年金は、偶数月に過去2か月分支給される。