日本時間で2018/10/03公開され、俺も実行済みの 「Windows 10 October 2018 Update」(RS5) v1809は、ファイルが消失する問題」が発覚し提供が中断されている。俺的にも、それに起因した事なのかは不明だが色々と不具合がある。また、パソコンの処理速度が遅くなった感があるが、原因は言及できずにいるらしい。
10/10には、問題が解決されているという更新プログラム「KB4464330」がv1809向けにリリースされたが、それでもまだ収束されたという話題は聞いていない。(Twitter: マイクロソフトサポート / #MSHelpsJP / #Windows10)
「October 2018 Update」のファイル消失問題、原因が判明 ~MSが修正版をテスト開始 - 窓の杜(10/10)
「October 2018」と命名しているのだから、10月中には決着させるのではなかろうかと思い、今日は恒例リリース曜日であると心待ちにしていたのだが、放出されないようだ。尤も、前記の「ファイルが消失する問題」以外に以下の問題が浮上しているらしいから、マイクロソフトとしても頭が痛い事だろう。
 「October 2018 Update」なんて呼称はマイクロソフトが命名するようだが、その公開日はマイクロソフトの独り言を元にしてパソコン業界の雑誌等の取り巻き企業が勝手に予測しているだけのようだ。報道企業の忖度とも言える。
今回のグレードアップであれは「October 2018 Update」だから「2018年10月のアップデート」であろうと予測して各種報道がされているというだけで、それが当たろうが外れようが誰の責任でも無い。とはいうものの
「Windows Server 2019」はRTMをスキップしGAに - ZDNet Japan
によれば、「Windows」の機能アップデートはMicrosoftが提供する「サービス」との事だ。また、「製造工程向けリリース」(RTM)や、「一般向けにリリース」(GA)という表現もあり、昭和生まれのPC業界は素人爺としては如何にも馴染みが薄いという感を持つ。
「Windows 10 Insider Preview」として以下を公開し会員によるチェック中らしいから、一般公開は10月ギリギリになるのだろうか? それとも「完全ではない迄も、兎に角10月にリリースした」から、後はノンビリか?
「October 2018 Update」に新しいパッチ ~Slow/Release Previewリングでテスト - 窓の杜(10/17)
 日本の一般的な企業であれば、発売日は顧客との約束された日という事で厳格に守られる事項である。
その点、パソコン業界というものは緩いのであろうか。マイクロソフトに限らずアップル等も出る出るという噂話ばかりが先行し、予定されていると報じられている期日に公開される事は少ないようだ。
まあ、メーカーにしてみれば自分が明確にアナウンスした事では無く、取り巻きの業界が勝手に報じた事なのだから、責任を感じることでは無いのかも知れない。
アップルが提供するスマートフォン(iPhone)は、Googleが提供するAndroidを適用したそれに比べれば圧倒的に少ないシェアらしいが、ファン倶楽部のマスコミ関係者が多いようで、日本の携帯電話販売会社が初売りする日にはテレビのニュースを賑わせている。あれも、発売日を予告しているのは日本の発売会社であって、メーカーのアップルではあるまい。要するに、コンピュータ・メーカーは気分屋なのだろう。

以前のWebブラウザの世界も噂話ばかりが先行していたが、最近ではスケジュールを公開し遵守している。
関連過去記事:ブラウザのアップデート:新 / Windows 10の不調記録:4