神も仏も先祖も信じていないように見える日本人だが、なぜか死後は仏教徒になりたがるようだ。
別に、墓に入ろうが、礼拝場所が有ろうが、どうでも良かろうと思うのだが、そういう考え方はしないらしい。
「いきなり仏教徒」としては、墓や仏壇を設けるにあたっては「戒名」なる二つ名が必要になる。戒名なんて有ろうが無かろうがどうでも良かろうと思う。しかし、坊主にとっては稼ぎネタらしく、戒名を付けたがる。生前は仏教徒でもなく俗名で呼ばれていた者が死んだ途端に別の名前で呼ばれても戸惑うのではないだろうか。「んんっ、俺か???」っ~事になるのではないだろうか。法律に定められているのは埋葬の方法だけである。

そもそも「戒名」とはWikiPediaによれば、
戒名(かいみょう)は、仏教において受戒した者に与えられる名前である。仏門に入った証であり、戒律を守るしるしとして与えられる。
ということだから、死んだからといって、突然仏教徒になり、戒律を守る人になる必要はないだろう。お経を読んでもらう必要もあるまい。キリスト教徒のように、生まれた途端に「洗礼名(クリスチャン・ネーム)」を貰うほうが自然とも思われるが、なんせ無宗教の日本人としてはそうもいかない事のようだ。

それならば、死んでから家人の手を煩わせて、坊主に儲けさせるよりは、生前に自分で戒名を決めておくという事も方法である。否、この場合は仏教に帰依するということとは別だろうから、お好きにどうぞ...ということだろうか。
その辺りは好きに解釈するものとして世の中的には、坊主の世話にならずとも「戒名?」を作れるようだ。
キーワード「戒名 アプリ」で検索しても随分ヒットする。概ねはこんな感じらしい「戒名無料作成サービス」。

戸籍に登録する名前、いわゆる俗称ですらネットやパソコンが名付け親なのだから、死んだ後に何と呼ばれても気に掛ける事は無いだろう....と、『名前は識別記号』と考える俺は思うが、『漢字の彩過ち』にまで気に掛ける人はそうはいかないんだろうね~
まあ、戒名よりも、プログでのネットネームを考えた方が良い人達が多いよ。あの人達は無色透明で世の中で目立ちたく無くないのだろうか....ありふれた名前じゃ、地獄でも極楽でも「お前は誰だ?」になるのでは