NHKの「チコちゃんに叱られる!」はNHKらしからぬ企画として楽しく視聴してきたが、「チコちゃん」が紅白歌合戦にまで出演するようになると共に、質問自体にも有り触れた事や既に他の番組で種明かしされた被りが目立ってきた。

WikiPediaによれば、「チコちゃんに叱られる!」のプロデューサーである小松純也氏は、元フジテレビジョン編成制作局バラエティー制作センター部長であり、タモリ明石家さんまダウンタウンSMAP(特に木村拓哉)、笑福亭鶴瓶ウッチャンナンチャン他大物タレントとの関係が深く、演出を担当することが多い....とのことだ。
以前はお笑い芸人の起用には腰が重かったNHKに、お笑い芸人が多く出演するようになった原因が見えるようだ。ウッチャンナンチャンの内村光良がNHK紅白歌合戦の総合司会を務める事にも無関係ではないのかもしれない。
内村光良の妻の徳永有美アナが『報道ステーション』に“復帰”した事と併せて邪推すれば、マスコミも狭い。
また番組制作はNHK内部では無く他TV局のスタジオで撮影され、番組内ではアシスタント役の塚原愛氏(NHKアナウンサー)だけがNHK社員として他TV局のスタジオに参加しているだけであるとのことだ。
そんな事を聞き考えると、「既に他の番組で種明かしされた事の被り」といったNHKには有るまじき手抜きが有っても見過ごす・見逃す事が公然と行われても不思議な気がしなくなる。

「チコちゃんという5歳の女児が不思議に思う事を大人に尋ねる」という不思議が、ありふれた内容になってしまえば、あの番組に残された魅力と言うのは森田美由紀氏というNHKでは偉~いアナウンサーが上から目線で語るナレーションを自虐的に楽しむことしか無い。ふざけた雰囲気も見せずに訥々とした語りは、流石NHKと言うべきだ。
#チコちゃんに叱られる - Twitter Search
チコちゃんに叱られる!公式サイト
01/05放送の『チコちゃんに叱られる!「大河ドラマ“いだてん”とコラボスペシャル」 - NHK』には、【ゲスト】阿部サダヲ,綾瀬はるか,生田斗真,【VTR出演】中村勘九郎という大河ドラマ“いだてん”の出演者が顔を並べたが、いつもの顔ぶれゲストに比べ「チコちゃんに叱られる!」の企画が呑み込めていない様子で反応がぎこちない。

NHKも見境無しに番宣を仕舞くるようでは、生き残りを掛けて必死に番宣をする民放のジリ貧番組と変わりが無い。
そんな事で、楽しみにしていた番組の一つが消えた。
過去記事:チコちゃんに叱られたい / 「チコちゃん」って、誰? / 「チコちゃん」視聴率:考


紅白は7位。平成とともに終わってもいいTV番組ランキング | 女子SPA!