今日は、2015/10/16の禁煙開始から1,200日目也。

確定申告書作成 - まさやんの負けるが負け」や「確定申告 – 愚呑庵」では、未だ1月下旬だと言うのに平成30年分の確定申告が済んだとのことだ。お二方とも、国税電子申告・納税システム(e-Tax )を用いているようだ。
e-Taxで申告する方法としては、①ネットでダイレクトに行う方法と、②プリントアウトして郵送する方法がある。一般的な確定申告期間(申告時期は、毎年度、翌年2月16日から3月15日までの1か月間。期日が土曜日・日曜日と重なると順次繰り下げ、月曜日まで。今期の場合、2019/02/18-03/15)であるが、e-Taxで申告する場合はこの期間よりも早期に行えるようだ。(個人でご利用の方|e-Tax)

我が家でも以前よりe-Taxで申告する事を思案しているのだが、俺が元気な間は良いものにしても、パソコン音痴の女将だけになった場合を考えて専ら市役所が臨時開設する相談窓口に出向いて確定申告している。
野々市市 住民税申告・確定申告の相談受付 (更新日: 2019年1月18日)
例年であれば、そろそろ開設期間のアナウンスがあると思いチェックしたところ、2月18日(月曜日)から3月15日(金曜日)までとの事で、昨年までは税務署窓口での申告受付期間よりも早かったのが同一時期になっていた。俺も予定外に生きているので毎年のように「今年からはe-Taxで申告するのも悪くないか?」とも思ったりするが、今回は確定申告方法が変わっていると聞くので「来年から...」と前送りしている。来年、生きていたらやってみよう。

確定申告に行ってきました。 - 団塊世代おじさんの日常生活」を拝読し、ひとつガテンした。
最寄りの税務署で確定申告を行った結果、「所得税ゼロなら、申告しなくても良い」と言われたとの事。そして、市民税関係があるから申告したい旨を告げたところ「所得税ゼロなら、税務署ではなく、市役所で申告しろ」と言われた...的な内容である。 巷では『公的年金だけの所得で〇〇〇円以下なら確定申告が不要』との説明を見る。
仕事人時代は専ら税務署で確定申告を行い、医療費控除を受けていた。しかし、退職後は市役所の相談窓口通いとなり、「医療費控除無し」や「所得税ゼロ」の場面もあったが、窓口の相談員が曰く『国税には関係無くとも、来年度の住民税等の金額に影響するから、来年も来るようにしてください』とのアドバイスを受け、毎年出向いている。
国税地方税の違いを知らないままに『確定申告を済ませれば全てOK』と思い込んできたが、縦割り社会の行政の仕事としては『国は国の仕事、地方は地方の仕事』ということのようだ。(ちなみに、詳細は理解していない。)
という初耳を踏まえ、今年も市役所の相談窓口のお世話になろう。国税は関係無くとも、住民税(都道府県民税+市区町村民税)は安くなるという寸法のようだ。信じるか信じないかは貴方次第という事だ。
ちなみに、当市役所の看板は「住民税申告や簡易な所得税確定申告」である。

以前、国税庁のURLが古い(http;//)と新しい(https;//)が混在している事を知った。伴って確定申告URLが変わっている事を承知した。
所得税(確定申告書等作成コーナー)|国税庁
上記のURLも、古い(http;//)と新しい(https;//)の混在して両方が生存しているので、e-Taxで申告する場合は要注意。セキュリティを心配する良い子は、(https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kakutei.htm)にアクセス。印刷して提出するならダイレクトに
過去記事:H28確定申告完了 / H29確定申告完了 / H30確定申告完了

確定申告書等作成コーナーからe-Taxで確定申告する方法


年金収入がある方の確定申告


確定申告書等作成コーナーからe-Taxで確定申告する方法


確定申告書等作成コーナーから申告書を作成して書面提出する方法