最近マイクロソフトの動きを訝しく思っている。パソコン関係の情報サイトでも「Windows 7 から 10」への乗り換えや、「Office 2019の販売」を奨める記事が目に付く。パソコンのメーカーサイトはWindows 10 の最新バージョンを搭載した機種を売り出したとかの宣伝が目立つような気がする。
「Windows 7」のサポート終了まで残すところあと1年 ~「Office 2010」の終了も近し - やじうまの杜 - 窓の杜
Microsoft、2019/2020年にサポートを終了する主要製品のリストを公表 - 窓の杜
「SQL Server 2008/2008 R2」だけじゃない! ~今年サポートが終了するMicrosoft製品 - やじうまの杜 - 窓の杜
  • 2020年1月14日をもって「Windows 7」の延長サポートは終了する
  • 2020年10月13日には、「Microsoft Office 2010」のサポートは終了する
  • Windows 10 バージョン 1709(Fall Creators Update):2019年4月9日
  • Windows 10 バージョン 1803(April 2018 Update):2019年11月2日
機能アップデートのサポート期間は基本的に18カ月。「Windows 10」を使っていてもより新しいバージョンへ更新しないとサービスが受けられなくなる。
との事で、「日本マイクロソフト、「Office 2019」の販売を1月22日より開始 - 窓の杜」とのことだ。

パソコンの売り上げは右肩下がりとの事だ。来る卒業に向け、新入学や入社する者達に向けたアピールだろうか。

Windows 7 ⇒ 10 に無償アップグレードした俺はOffice製品は全てアンインストールし、無償のLibreOfficeを利用している。Microsoft Officeほどアカデミックでは無いが、その分(?)ウィルス被害は聞かない。
過去記事:オフィスソフト変更を思案 (Office 2010から乗り換え) / Office 2010削除

当分は現行のままのパソコン環境のつもりだが、不調になったら無料のOSであるLinuxに乗り換えることも思案する...が、自分自身の寿命とボケ具合と相談しながらとしよう。
関連帰庫記事:俺のPC、今年で終わり(!) / Win10 Update再び
UpdateとLinux関連過去記事:Windowsの新旧交代劇 / Linuxを使ってみたい / Win10 Updateしたかい? / Windows脱却作戦

 また、メルアド等の漏洩が有ったとの事。キーワードは「Collection #1」
7億超のメールアドレスと2100万超のパスワードが流出、確認方法は? | マイナビニュース
Collection #1に自分のアカウントデータが含まれているかどうかは「Have I Been Pwned: Check if your email has been compromised in a data breach」において確認できるとのこと也。
これでチェックし、自分のアカウントデータが流出しいる事がわかった場合は迅速にパスワードを変更することが望まれるとのことだ。過日は「データ漏洩を調査・警告する「Firefox Monitor」、日本語に対応 | マイナビニュース」を知りFirefox Monitorでチェックした結果、俺のメルアドは知られていないとの事だった。(過去記事:Gmailの使い方:学)
類似事件が発生する都度、新しいチェックツールでチェックしたのでは、それを行う事の方がむしろ危なそうにも思われるが...色々出現する新旧のチェックツールには相違があるのだろうか。
【追記:01/23】以下の記事が新掲載され、俺の前記懸念については大丈夫そう也。
メールアドレスやパスワードが漏洩しているかを確認する2つの方法 | マイナビニュース
もはや「バレないパスワードはない」 7億7300万件データ流出事件、対策はあるのか? (1/3) - ITmedia エンタープライズ