過日改定された遺産相続に関する関係法令は、2019/01/13から順次施行され始めたとの事だ。
改正民法きょうから順次施行 遺言書の作成ルール緩和へ| NHKニュース(2019年1月13日)
このうち遺言書を自分で作成する際のルールが13日から緩和されます。
01/13からは遺言書を自分で作成する際のルールが緩和され、当人が遺言書を作成する場合は、
  1. これまで添付する相続財産の目録も含め、すべて手書きしなければならなかった。
  2. これからは、パソコンで作成した財産の目録でも良いほか、預金通帳のコピーや不動産の登記簿などを添付することも認めらる。ただし偽造を防ぐため、自筆以外の部分には署名と押印が必要。
また、2020/07からは「自分で作成する遺言書を法務局で保管できる制度」が始まる。
など、相続の制度は順次変更されるので、法律が施行される日を法務省のホームページなどで確認しろとの事。

死亡時の届けに関する書類や、年金制度など、国の制度というものは「国民が判り難く」作っているように感じる。判り難さ由に専門家が必要になっているのだろうが、退職の際に苦労した事を思い出す。

終活がどうしたとかを考えているうちに世の中が変わっているので、能書きだけの俺としては着いていくのが大変だ。退職時よりも進捗しているだろうボケ頭で、つつがなく終活をして遺言書を作れるように勉強しよう。
なんて事を考えていても、大地震でも起こってしまえば、遺言書なんてタダの紙切れになってしまうかな。
その前に、アベノミクスのお陰をもって、デノミネーションで貨幣価値が下がってしまうかな。