コピペではてなブログのフォントを変えて見たが... - まりふのひと」を拝読し、触発されてブログの文字フォントを変えてみた。
<< 旧 >>
font-family: "Hiragino Kaku Gothic Pro","ヒラギノ角ゴ Pro W3","MS Pゴシック",sans-serif;
<< 新 >>
font-family: "メイリオ", Meiryo, "游ゴシック", "Yu Gothic", YuGothic, "Hiragino Kaku Gothic ProN", "Hiragino Kaku Gothic Pro","ヒラギノ角ゴ Pro W3","MS Pゴシック","MS ゴシック",Verdana, sans-serif;
Windows Vista以降でOKの「メイリオ」か、Windows 8.1以降でOKの「游ゴシック」が、見易い。
「MS Pゴシック」はWindows初期からの標準であり、このブログの初期設定フォントである。
font-familyで指定できるフォント名一覧 (和文フォント)
総称ファミリ名分類のフォント名一覧
(sans-serif)
変えた文字フォントのサイズが大きく、これまでのレイアウトでははみ出すのでこれから微調整が必要也。
左右の帯に入るタイトル等は「MS Pゴシック」で収まるような文字数にしてきたが、2-3字程度減らさなければならない。向後は要注意。過去の物は現状とするが、格好がつくまでは約1ヶ月掛かる。
<< 改 >>
font-family: "メイリオ", Meiryo, "游ゴシック", "Yu Gothic", "Osaka","Hiragino Kaku Gothic Pro", "Hiragino Kaku Gothic ProN","ヒラギノ角ゴ Pro W3","MS Pゴシック",Verdana, sans-serif;
試みにWindows10から標準搭載のフォントである「"UDデジタル教科書体","Yu Gothic UI",」を加えてみたが、俺的には好みではない。「MS Pゴシック」の方がまだしも見易い也。
<< 改 2>>
font-family: "UDデジタル教科書体","Yu Gothic UI","メイリオ", Meiryo, "游ゴシック", "Yu Gothic", "Osaka","Hiragino Kaku Gothic Pro", "Hiragino Kaku Gothic ProN","ヒラギノ角ゴ Pro W3","MS Pゴシック",Verdana, sans-serif;
 しかし、Windows 10専用のフォントしか適用していないケースを想定し、「"UDデジタル教科書体","Yu Gothic UI",」を末尾に加えた以下を用いることにした。
<< 改 3>>
font-family: "メイリオ", Meiryo, "游ゴシック", "Yu Gothic", "Osaka","Hiragino Kaku Gothic Pro", "Hiragino Kaku Gothic ProN","ヒラギノ角ゴ Pro W3","MS Pゴシック","UDデジタル教科書体","Yu Gothic UI",Verdana, sans-serif;
Windows系では「メイリオ」・「游ゴシック」・「MS Pゴシック」、Mac系では「ヒラギノ角ゴ Pro W3」、他に「Verdana」と「sans-serif」を設定した。(WikiPedia:日本語フォントの比較)

関連記事(HTML5化した記述):CSS / トップページ / 個別記事ページ / カテゴリアーカイブ / 月別アーカイブ / カスタムJS head内 / ブログのHTML5化 / フォント変更:学 / 日本語フォントの経歴
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
以下の記事を発見し、以前より改善できなかった「カーソル飛び」に対応できるかと考え、2019/02/09「カタカナ・ひらがな・ローマ字」キーを無効化した。その後、「カーソル飛び」は発生していない。