徳之島じじ&ばばのブログ」(A)を拝読している。「じじ」さんと「ばば」さんが共同執筆している。
表面上は前記URLがメインのようだが、他にも同一内容で異なるURLのブログ(B)が有るが「モバイル・携帯アクセス兼用サイト」とのことだ。どうやら、(B)に書いた記事が丸々(A)に転写されているらしい。
元はと言えば、俺がXOOPSで構築したサイトを開設している頃に、「徳之島じじとばばのホームページ」という名前でサイト開設している「じじ」さんと知り合った。XOOPS繋がりで「じじ」さんから質問を受けた。やはりXOOPSを利用している鹿児島県の離島の人がいて、同一人物だとばかり思いこんでいたら俺の勘違いであった。辺鄙とばかり思っていた離島で、当時は新技術であるXOOPSを利用している人が複数いた事に驚いた記憶である。
その後、当該ブログを御夫婦で執筆されている事に併せて、「ばば」さんを知ったのだ。
以前、ブログ(B)は「ばば」さんが執筆し、「じじ」さんが執筆するホームページと合わせて、ブログ(A)で合体処理していたようだ。どのような仕掛けをしているのかと興味深く拝読していたが、最近では「ばば」さんが執筆する徳之島風土記にハマっている。「じじ」さんはホームページ以外にも「徳之島自然観察集」を開設して、徳之島の主として鳥の生態を情報発信している。

「じじ」さんが掲載する徳之島の自然も然ることながら、「ばば」さんが語る徳之島の暮らしを知ると、南国の離島での暮らしが羨ましく見えてくる。Windows:徳之島によれば
徳之島は、南西諸島奄美群島に属する離島の1つであり、島内には鹿児島県大島郡には徳之島町伊仙町天城町の3町がある。県内では奄美群島は奄美大島を中心とする奄美地方に含まれる。日本では14番目の面積を持つ、人口約27,000人の島である。合計特殊出生率の高さでは、国内第1位から第3位を島内の3町が占めている。ただし人口そのものは減少している。
モヤモヤは続く」記事に質問したところ『徒歩圏内の距離に病院や診療所など合わせて4つ』も在るとのことだ。政府方針でかかりつけ医を持てとか言われる御時世に誠に羨ましい環境だ。御夫婦の住まいが島内の何れかは不明であるし、島内のすべての家庭が同様の環境で、自宅から近い距離に病院等が在るわけではないだろうと思うものの、自然環境なども合わせて考えると終の棲家選びを誤ったかしらんとも思う。
俺が持っていた離島の印象とは程遠く、九州本土や東京に足蹴く遊び(?)歩いている様子が伺える。
台風が直撃し生活物資が欠乏するでもしない限りは、誠に住み易いと見た。(病院選びに、なるほど)