各家庭の「IoT機器」のセキュリティ対策状況を洗い出す為に、国がアクセスして調査するとの事也。
国のIoT機器調査 パスワード変更などの対策呼びかけ | NHKニュース
調査は2019/02/20から始まり、5年間の調査期間がある。調査で問題が見つかった機器の利用者に、大手携帯3社やインターネットの接続事業者から注意を促すメールが届くとの事。

携帯電話であれば心当たりも有ろうし、Google Homeを使ったIoT化(スマートホーム)をしている人は自己責任かも知れない。しかし、スマホで操作できるエアコンや冷蔵庫・鍵、インターネットのテレビ、太陽光発電なんて物は、「IoT機器」なのかどうか知らないで利用しているのではなかろうか。
電力のスマートメーターなぞは東京電力圏では家主の知らないのに設置されているケースも有るようだ。
最近、進んだ行政では水道のスマートメーターなんちゅ~物まで有るそうだが、セキュリティは知らん。

そんな状況なの中で、国が勝手に各家庭のセキュリティ調査をして、突然家主に「注意を促すメール」を届けるという事を考える事が理解できない。予期していない相手から届く「注意を促すメール」とやらが「フィッシングメール」ではないという保証は無い。便乗した悪事はきっと行われるだろう。
ネットでの悪さ以外に、交換するとか、メンテするとか、リアル世界であらゆる特殊詐欺ができる。
我が家では世に言う「IoT機器」は皆無であるが、今回の調査対象が明確でないから国が何を調べるのかは判らない。ネット接続はパソコンだけだから、CATVから「注意を促すメール」が届くのだろうか。


スマートメーターで“火災事故” 東電は公表せず(18/11/19) ANNnewsCHより

調査はポートスキャンで行われるとの報道也。となれば、nmap辺りが使われるのだろうか。となれば、検出機能は豊富である。国が勝手に調べ上げた内容が、完全なセキュリティの元で管理される保証は無い。
政府は2018年5月に電気通信事業法を改正し2024年3月末までの5年間で本調査を行うことし、総務省所管の「国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)」が調査業務を行うことが決定した。機構は電気通信事業法施行規則第3章の2に定める「認定送信型対電気通信設備サイバー攻撃対処協会」に業務委託できるとされ、2019/01/08「一般社団法人ICT-ISAC」(東京)が協会認定を受けている。
ICT-ISACは、日本データ通信協会のテレコム・アイザック部を2016年7月に業務移管された。

総務省の専用電話窓口「NOTICEサポートセンター」(調査の特設ページ https://notice.go.jp)
0120-769-318(無料・固定電話のみ)
03-4346-3318(有料・携帯電話から)

ウイスチェック用のソフトウェアすら国産品の無い日本国であるにも関わらず、セキュリティ云々を担当すると称する国の組織は散在している。本件の調査は総務省のどの部門が行うのだろうか
目新しい事では「マイナンバー」や「キャッシュレス」といった物のセキュリティ対策すら危なげな日本国で「IoT機器」のセキュリティ調査ができるのだろうかと訝しい。(アンチウイルスソフト)
所詮は総務省関係者の天下り先に金をばら撒くための口実だろう。
国が業務委託した会社で不正が行われた事は山ほど聞く。2018/05月に電気通信事業法を改正し、2016/03/09にICT-ISACが発足している事をどう見るかは貴方次第也。
所詮は東京オリンピック向けのイイカッコシィだろうが、中国のイベント向け青空の方が可愛らしい。
過去記事:フィッシングメール / 北陸電力の「ほくリンク」 / スマートメーター設置考
日本政府は「フィッシング対策協議会」以外にも「警察庁 フィッシング110番」「IPA 情報セキュリティ安心相談窓口」「フィッシング詐欺サイト情報(RBL.JP)※2017年9月末日を持って終了」といったコンピュータセキュリティ関係の組織を作り、各組織は『我こそは正義の味方』とばかりに注意喚起を呼びかけるが、自分達が無名であり信頼されていないことを知らない。
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
「確定申告」で検索したら偽サイトに... 「これは騙される」広告使った悪質手口 : J-CASTニュース
ツイッターでの指摘によれば、米マイクロソフトとヤフーの検索サービスで「確定申告」「国税庁」「e-Tax」などと検索すると、国税庁を装う偽サイトが検索結果の上位に表示されているという。
なお、マイクロソフトの検索サービス「Bing(ビング)」はヤフーのリスティング広告(スポンサードサーチ)を利用している。すなわち、酷似する検索結果になる事は当然の帰結といえよう。
過去記事:確定申告URLが変わった / 「ねんきんネット」の件 / e-Taxでの確定申告 / H30確定申告:学